FedはAIGによるCDSの払い戻し100%を許可する

投稿者: whitegru3

Bloombergから:New York Fed’s Secret Choice to Pay for Swaps Hits Taxpayers

Elias Habayeb氏、37歳はAIG Financial Productsを監督していたAIG部門のCFOであった。その部門が銀行にスワップを販売していた。彼の目標の一つは銀行に$1に対して40㌣の割引で受け入れるよう説得させることだった。

11月3日の週終わりから始まって、NY Fed議長Timothy Geithnerに先導され財務省とFed議長Ben S Bernankeが、AIGから銀行の交渉を受け継いだ。Geithnerのチームは、NY Fedがどのようにしてスワップを対処するかの概要の雛型を回覧した。それは腐ったコラテレラルバックオブリゲーションに裏付けされた保険のような契約。

その書類の中の文章の一部が抹消されていた。それは銀行が受け入れるヘアー・カットの金額が記されているべきところが空欄となっていたとこの回覧を見た人が言った。銀行との関係者以外立ち入り禁止の交渉1週間以内、NY FedはAIGに$1に対して100㌣払い戻すように指示した。その故意の内容は公共には発表されていない。

NY Fedの銀行に支払う決断はすべてAIGにかかった-そしてそれは米国納税者-少なくとも$13Bln。それはAIGがそのスワップ償却するために支払った$32.5Blnの40%であった。その契約下では、政府と納税者たちがそのいかがわしいCDOの所有者になるとある。その額面は$62BlnでAIGが市場価格$29.6Bln を支払った。そのCDOはFEDが運営する事業体のMeiden Lane IIIの中に切り替えられた。

その契約は18ヶ月の内に$14Bln以上生み出し、Goldaman Sachsに受け渡された。その元取締役はこの決断がなされた時にNY Fedの役員の議長であった。

『このようなケースでは、結果は常に$1に対して50、60又は70㌣である。』と金融リサーチ会社Gradient AnalyticsのDonn Vickrey氏は言う。

払い戻しが100㌣だった理由のひとつにいくつかのカウンター・パーティーが全額支払われるよう要求したからでNY Fedは別件の契約で交渉したくなかったとこの取引に詳しい関係者は言う。『それらのいくつかの銀行は$1に対しての支払いが100㌣必要であった、でなければ自分の銀行が危なかった』

広告