Roubini:キャリートレードの巨大な巻き戻しを予測

投稿者: whitegru3

Financail Timesから:Mother of all carry trades faces an inevitable bust

3月からリスクの高い資産のすべての種類の反発があった。-株式、原油、エネルギー、商品価格-高利回りと高品質クレジットとのスプレッドを狭めてきている、そして新興市場資産の部類ではそれ以上のおオア幅上昇を成し遂げた(その株式、債券、通貨)。それと同時に$が大幅軟調となり、国債利回りは穏やかな上昇を見せたが、低い水準に安定していた。

このリスクの高い資産の回復の一部はより改善された経済のファンダメンタルズによるもので、近い将来のデプレッションと金融セクターの崩壊を巨額のマネタリー、財政刺激、銀行救済で避けられた。その回復がコンセンサスが思っているV-型又は私が議論する無気力のU-型あるかにしても、資産価格は徐々に上昇していくべきである。

しかし米国とグローバル経済が穏やかな回復をしていく中、資産価格は重大で同期に3月から天井を突き抜ける反発を見せた。資産価格が2008年に急落する中、$は上昇して行き、それから$が急落し資産価格はかなり回復した。リスクの高い資産はマクロ経済のファンダメンタルズに比べ速く、早すぎ上昇しすぎた。

何がこの巨大な反発のの裏にあるのか?確かにこれはゼロに近い金利と量的緩和からの流動性の波に助けられたのは間違いない。しかしこの資産バブルに火をつけたもっと重要な要因は米国$の低迷で、すべてのキャリートレードの源を起こした。Fedが金利を一定に保ち、長期間に渡りその方針を保つことが予測され米国$がキャリートレードの主要通貨を融資するものとなった。米国$をショートして高いレバレージのかかった高い利回りの資産とグローバル資産を買っていた投資家は、ただ単に$建てでゼロ金利で借りていただけでなく;それらは実際にマイナス金利で借りられていたことになる-最低年率で10又は20%-米国$が下落するにつれ$のショートポジションに巨額のキャピタルゲインが生まれる。

まとめると:マイナス20%で借りていたトレーダーがレバレージの高いリスクの高いグローバル資産に投資をしそれが過剰流動性と巨額のキャリートレードで価格が上昇する。このリスクの高いゲームに賭けた投資家は天才ののように見える-たとえそれが巨額のマイナスの借り入れコストによって融資された巨額のバブルに乗っかっただけでも-3月からの総合リターンは50~70%の範囲になってきた。

続く。。。

広告