50%の消費者が過去6ヶ月にクレジット・カードの金利の金利が引き上げられたと言う

投稿者: whitegru3

Rasmussenから:50% Say Their Credit Card Interest Rates Were Raised in Last Six Months

50%のアメリカの消費者が過去6ヶ月にクレジット・カードの金利を引き上げられたと言う。議会では銀行がクレジット・カードの金利を引き上げる力に制限をするよう勤めている。

新Rasmussen Reportsの全米電話統計によると同時期にクレジット・カードの金利が引き上げられなかった人は31%で、19%は確かではないという回答であった。

69%の人(成人)が金利の上昇でクレジットカードが使いにくくなったと答える。25%は同意せず金利が上がった後でもクレジットカード使う可能性は変わらない。

しかし51%の人が利子を支払うのを避けるために全額を支払っていると答えた、およそ45%の人は時々カードに残高が残っていると答えた。

今年5月に、およそ4人に1人のアメリカ人が翌6ヶ月に少なくともなんらかのクレジットカードの支払いが遅れると答えた。

わずか16%が1年前と比べクレジットカードの負債が増えている。これは昨年の12月から5%下落した。34%が今ではクレジットカードの負債が減ったと言う。そして46%が借金の水準はおよそ同じであると答えた。

26%が主要のクレジットカードの金利が何であるか知らない。61%がその金利を知らず、13%が確かではないと答えた。

57%のアメリカ人がクレジットカード業界への政府の監督がより必要と言う。

24%のアメリカ人がクレジットカードの使用と他の借金を減らす必要があると言う。

広告