たとえCitigroupでさえ良い日が来る

投稿者: whitegru3

Australian(WSJ)から Abu Dhabi\’s Citigroup investment turns costly

2007年11月にアブダビが契約したCitigroupの取引の項目は、Citiが米国モーゲージと住宅市場に絡んだ投資損益が膨らみ、それを救済するに当たり、利益があるように見られていた。アブダビは11%の配当を受け取る換わりに$7.5Blnの小切手を受け渡した。

しかしアブダビにとって悪いニュースはアブダビがこの配当支払いを2年を若干上回る期間にしか有効でない-2010年3月15まで、その後はアブダビは基本的に元本の投資金をCtigroupの普通株と4に分け交換するようになる、それはその時は1株あたり$31であった。

その取引を実行するために、Citigroupは水曜日に起債で利回りがかなり低い6%を発表した。この売り上げがアブダビに行き、3月にCitigroupの株の高い購入をするのに必要となる。

アブダビは株価$31.83と現金との交換を前もって承諾し、27ヶ月間にCitigroupの株価が若干上昇することを予測して収益を上げる策であった。『この投資はCitiの将来の希望を見通して株主の価値再建するものである』とアブダビの最高取締役Sheikh Ahmed Bin Zayed Al Nahyanはその時点ではこう語っていた。

しかし、今ではCitiが、アブダビではない、この取引の勝利をおさめる結果となった。もしCitiの株価が3月までにこの水準で安定すると、Citiは基本的に株を市場価格の7倍の値段で売却することで新資本を調達することができる。これでCitiのTier 1普通株と有形資産を$1.875Bln強化することができると水曜日の声明で発表した。

広告