アメリカ人借金は、評価損計上のおかげで減る

投稿者: whitegru3

NY Timesから:Americans Owe Less. That’s Not All Good

今週発表されたFederal Reserveの数字によると、アメリカ人は第3四半期の末に住宅モーゲージの残高が$10.8兆あった、これは前年同期比で2.2%減少し、2007年中旬から最低水準となつた。同時に発表したFedのデータに、クレジット・カードの残高10月に総額$888Blnとなり前年から8.5%の減少で、2007年3月以来の最低水準となった。

これらのトレンドは、アメリカ人が借金を払い戻しよりファイナンシャル・プランナーが長年推奨しているより質素な生活をし始めているという意味ではない。疑いなくいくらかはその部分もあるが、その減少は銀行が強制的に不良債券の評価損の計上しよりクレジット貸し出しを厳しくしていることが明らかになっている。

下のチャートはクレジットカードの評価損計上が数年前の一四半期の数字で年率で10.2%に急増している。

広告