先進国の株は、十年間でゼロとなった

投稿者: whitegru3

NY Timesから:For Stocks in the Developed World, It Was a Decade of Zeros

希望に満ちた10年前で開始された。欧州と米国の株式市場は1990年代を記録的な水準で終了した。日本のあまり頼りない市場でさえ2年ぶりの高値で終わった。”Dow 36,000″ という本がベスト・セラーとなった。

その代わりに、この10年間は”The zeros”の名前を勝ち取りその名の通りで10年間の実績である。

米国の株式市場はささやかなリターンにも遅れをとった。MSCIインデックス、これは実際にすべての株式を一定のきじゅんを条件に測定、によると配当を再投資した米国市場への投資家は-何らかの税金と取り引きコストをここ十年間避けると-2009年末には10年前と比べ12%損をしたことになる。これは年率利回りマイナス1.3%である。

たとえこの計算が株式の投資家の悪いニュースを実際より低く評価したとしても、インフレ(CPI)が2009年の$1は1990年の78㌣に値する。

全体で、先進国はほんのわずか2.3%の上昇、叉は年率0.2%で、これは投資家が支払わなければいけない取引コストをカバーするのには十分でなく、そしてインフレを大きく下回った。

これらの数字は国債競争率を測定するのにドルで計測されている。$はこの期間に軟弱となり、言い換えると実際の実績は他の通貨に置き換えるともっと悪くなる。

もちろん、1年前に状況はもっと悪かった。

2009年に冬に最安値をつけてから世界中の株式市場は強い伸びを見せた。その年で、米国のインデックスは27%上昇した。そして先進国は31%の上昇。

しかし新興国市場は話が違う。それは実際に浮上した。10年前には中国は世界で43番目に大きな株式市場に位置していた。フィリッピン、ペルー、ポーランドに遅れをとっていた。そして10年後には市場総額は世界9位となり、ブラジル、スペイン、イタリアなどを追い抜いた。

その成長のほとんどが新規株式発行の結果で、中国は多くの政府所有の事業を一部民営化したことにある。しかしこの十年間で中国株への投資家は150%利益をを上げ叉は複利で9.7%。

先進国の中では、過去10年で一番業績が良かったのがほとんどが天然資源に依存したものである。そしてその資材の価格は上昇してその理由の一部として新興国の経済の拡大で需要が増えたことにある。カナダの株式市場は2倍以上に増えた、年率利回り9.2%で、オーストラリアは3倍になり投資家は12.7%の利益を得た。

先進国のほとんどがあまりぱっとしない実勢を挙げると予想した人はほとんどいなく同じように新興国の驚くような実績を当てた人も少なかった。1999年にアジア通貨危機とロシア危機の真新しい思い出が残る中、投資家市場を参加を恐れた。それに”Digital Divide”と言われ裕福な国はインターネットから収益を上げ、貧しい国はこ必要な’インフラの設備に追いつけないだろうと言われていた。

アジア通貨危機の経験が新興国に良い教訓となり、外国通貨の準備金をの蓄えを増やすことに勤めた。基本的に$である。これをすることで自国の通貨の価値を下げ輸出を奨励することに力を入れた。そしてそれが成功する。

米国では、それに欧州の国ではテクノロジーバブルが崩壊するとリセッションがやってきた、そしてはそれは2001年9・11によってもっと悪化した。Fedは金利を過去最低の水準にまで下げて対応し、必要以上にその低い水準で保持した。

低い金利が消費者の需要を刺激し、米国民は物を必要以上に買い、そのほとんどが海外から輸入された。同時にその低い金利がモーゲージの発行体のクレジット基準を下げるここと合わせ、住宅価格が’急騰する要因となった。より多くの消費者は住宅ローンの借り換えとエクィティーを住宅を基に引き出すことになった。

その米国での好景気が終了すると、多くの新興国はローン見つけるための急な困難には十分準備ができていた。巨額の外国通貨準備金で、彼らは貸し手で借り手ではない。

MSCIワールドインデックスは比較的短い歴史で、しかし似ているS&P500株式インデックスは1928以来の歴史を持つ。10年間で実績ゼロはS&P500がマイナスのリターンとなった最初の10年間であった。1930年代には価格は¥下落したが配当がインデックスをわずかにプラスの領域に押し込んでいた。

広告