消費者クレジットは$17.5Bln収縮しこれは戦後以来過去最高急激な減少となった

投稿者: whitegru3

Bloombergから: Consumer Credit Drops Record $17.5 Billion; Steepest Declines Since WWII

11月の消費者クレジットは過去最高&17.5Blnの収縮となった、失業率は26年来の高い位置で借用者と銀行にローンをアクセスことに思いを止まらせた。

$2.46兆へのクレジットの減少は予想以上であり、10月の改定値$4.2Blnの縮小に続いたと金曜日のFederal Reserveの数字で発表された。Bloombergニュースで統計が収集されたエコノミストたちの中間予測は$5Blnの減少であった。10ヶ月連続渡る減少はこの数字が記録の数字が取られ始めた1943年以来最長である。

『二桁の失業率が消費者の信頼感を腐食して不透明感が消費者にクレジットカードの借金を支払わせるようにさせている。』とBank of Tokyo-Mitsubishi UFJ Ltdのチーフ金融エコノミストは言う。『前回1980年の初期のリセッションに続く2桁の失業率以来これほど多額の消費者クレジットの削減が見られたことはない。』

リボルビング式の借金(クレジットカードのようなもの)は11月に過去最高$13.7Blnの減少。リボルビング式でない借金(自動車ローン、モービル・ホームなど)は$3.8Blnの減少。Fedのレポートには不動産を担保に借りた物は含まれていない。

Bank Of AmericaのCEO Brian T. Moynihanは、クレジットカードの損失率を削減する必要があり、それは11月には全米最大手6銀行一番高い位置にある。Bank of Americaのカードのデフォルトはまだかなり高いとMoynihan氏は言う。

『かなりのバブル』

『業界全体で、われわれは貸付しすぎで消費者は借りすぎ、そしてそれがかなりのバブルに導いた。』Mynihan氏は1月4日のインタビューに答えていた。『われわれが経済回復を先導しなければいけない、同時にわれわれが責任のある貸付とならなければいけない。』

消費者クレジットのグラフ:

リボルビングクレジットの残高のグラフ:

前例のないリボルビングクレジットの減少のグラフ:

広告