イスラエルの将官、元核兵器の担当責任者はイランに核の脅威があることに否定

投稿者: whitegru3

Times Onlineから:Israeli general Brigadier-General Uzi Eilam denies Iran is nuclear threat

以前イスラエルの核兵器担当責任者であった将官は、イランは核の戦力を製作するまでまだまだほど遠いと主張した。

Brigadier-General Uzi Eilam氏は…多分イランは兵器を製作するのに7年かかるだろうと言う。

イスラエルの戦力はイランの核施設を攻撃するトレーニングをしている、そして数人のアナリストたちは、もし国際制裁がテヘランをそのプログラムを追求することを阻止することに失敗するなら今年中に空襲を実施するだろうと信じている。

Eliam氏は、イランの進展を元の同僚により知らされていると思われ、自国の公式の見方が非常におかしいと呼びかけている。『情報集団はイランに対しての恐ろしい声明を広げている。』と言う。

彼は『防衛施設はより多くの予算を取得するためにうその警告を出している。』その間ある政治家たちは自国での問題から問題をそらすためにイランを使った。

『イランが核兵器を1年以内に取得すると言っている人たちは、何を根拠にそう言っているのか?』『どこにその証拠があるのか?』

信頼できる防衛省の情報筋によると、イスラエルはイランの核施設を攻撃する準備を急いでいるそうである。

しかしEilam氏は『イランに対するそのような攻撃は非生産的な活動となるだろう。』

『一度の空爆は現実的ではない。イランのプログラムを3~4年間遅らせるためには大空軍部隊が必要、それはスーパー・パワーだけが準備できる、米国だけである。』

広告