Wall Streetがお祭り騒ぎしてるのに米国はさらに深くデプレッションに落ち込んでいく

投稿者: whitegru3

Telegraph(Ambrose Evans-Pritchard)から:America slides deeper into depression as Wall Street revels

歴史は繰り返すのだろうか?米国が1929年の大暴落に続いた世界大恐慌でおかした同じ間違えを政治家たちが起こすとあるエコノミストたちはObama大統領を非難する。

労働人口は661,000人縮小した。これは失業率のヘッドラインの数字には見られないそれは多くのアメリカ人がその環境から退きあきらめているからである。広いU6項目の失業率は17.3%に上った。これが問題の分である。

Wall Streetはの株式は上昇した。ブルの言い分では弱い雇用の数字がマネタリー政策の引き締めを遅らすと言うことである:どんな大災害にも希望の兆しはあるものだ。それとも相場の幼稚症の更なる現われであろうか。

住宅差し押さえのギロチンは普通人々が職を失った後1年それ以上に落ちてくる、そして貯金がなくなる。地方の保安官がドアの外まで送り出す、通常は何らかの同情を付け加えて-1932年の警察のように、ほとんどがアイリッシュ系カトリック教がスープキッチンへの支払いの1%の1/10を税として課していた。

Realtytracによるとデフォルトと差し押さえは2月から1ヶ月300,000件以上の割合で出てきている。100万人のアメリカ人の家族が第4四半期に家を失った。Moody’sのEconomy.comによると今年は更に240万件の家がこの仲間に入ると予測している。これらをまとめると有名な小説Steinbeckの『Grapes of Wrath』に似ている。

裁判官はどうにかして立ち退きを防ぐ方法を探している。ミネソタ州のある裁判官は貸し方に対しての判決を”厳しい、不快、ひどい、嫌悪すべき”と呼びかけ停止させた。われわれのある地域では事実上の死刑執行猶予からほど遠いいものではない。

これがこのようにして1932年と1934年間を終了させた。この時米国の州の半分がモラトリアム叉は”Farm Holidays”を宣言した。このような柔軟性がアメリカの民主主義をRed UnionとCoughlin Fascistsに対して予防接種をした。住宅の差し押さえはObama政権のこの過程を遅らせる必死の努力にもかかわらず起きている。

この政策は社会的危機の規模の上から全体的に正当化されている。しかしそれは住宅市場の継続的な腐敗を隠してしまっている。そして金融業者の損失を隠し、売れ残りの物件をさらに増やしてしまっている。米国住宅市場が底打ちをしたと考えるのは大胆単純である。次のモーゲージ爆弾のヒューズはまだ爆発するのを待っている、$134BlnのオプションARM契約が今年から激しくリセットされる期日が近づいている。

米国住宅価格はCase-Shillerインデックスでかろうじて5ヶ月の上昇をまかなった。しかしそれも半分の都市で10月に行き詰まりそれも直近のモーゲージレート40Bps上昇の前である。Karl Case(インデックスの)は価格はまだ追加で15%下落するかもしれない。『もし2008年と2009年のローンが悪化すると元の位置に戻ることになり悪夢となる。』

Gluskin SheffのDavid Rosenberg氏は、ゼロ金利によってほんのわずかのけん引力が達成できるなんてすばらしいと言う。米国経済は第3四半期に2.2%成長した(ほとんどがObamaの刺激策で)これは第2次世界大戦以来の回復の最初の四半期の平均7.5%と比べられる。

Fedの鷹派は脱出戦略の話をすることで火付けをしているのは初めてではない。これが2008年6月にしたことである。何が3ヶ月後に起きたかはみんな知っている。記録のために言っておくと、製造業設備稼働率は67.2%で自動車購入動機は過去最低であった。

Fed自身の通貨乗数は12月中旬に過去最低の0.809に暴落した。コマーシャルペーパーは10月から$280Bln収縮し、銀行クレジットは6月から身の毛のよだつような闇市場で滑降した。それは11月25日から$10.844兆から$9.013兆に減少した。MZMマネーサプライは年率で3%収縮し、広いM3マネーは5%以上収縮した。

International Monetary ResearchのTim Congdon教授は、Fedは今年末にデフレーション積みいれている、そして多分2番底のリセッション。欧州はもっと悪くなるだろう。

これは多くの解説者が’Fedの早期利上げを守り立てることにはあきらめていない。彼らは2004年にFedが長く待ちすぎた犯した間違えの繰り返しをBen Bernankeのせいとしている。2004年には住宅市場の崩壊はなかった、失業率は5.5%銀行は下品に健全でFedの乗数は1.73であった。

誰がコアPCE,11月にわずか0.1%が差し迫ったインフレの残り火とどのように見ているのかは私にはわからない。

Rosenbergは顧客にどうしてWall Streetが彼の暗い見通しに同意しないのか尋ねた。

彼の答えは、これは1987年10月に株価がShillerの10年正常収益基盤に25%過大評価していた時株式を購入していたMr.相場と同じである。-まったく今日と同じ-そしてそれらを2007年よりもっと過大評価された価格で買っている、その時は住宅価格の暴落が始まってからずいぶんたってからである。ベアースターンズのファンドが崩壊したそしてクレジットは8月の心臓麻痺を起こし、株式市場は遅行指数となった。教科書を破ったほうが良い。

広告