不振の証券化市場がCitiの資産売却を打撃

投稿者: whitegru3

FTから:Ailing securitisation market hits Citi asset sales

危機時に暴落してまだ回復されていない証券化市場がCitigroupや他の苦しんでいる金融会社AIGが不必要な資産を売却しバランスシートを修復することを困難にしていると銀行員や重役たちは言っている。

この状況に詳しい人たちはこのように言っている、Citiはプライベート・エクイティーやヘッジファンドと、何十億ドルものバランスシート上問題のある資産をきれいにする一環として$3Blnの自動車ローンの売却について話を始めた。

このビジネスをもっと魅力的にするために、Citiはこの売却後数年間にローンの買い手に融資を提供することを持ち出している。

銀行員は最初の反応はかなり良い感触あったと言っていた。

Citiローンのいくつかはすでにアセット・バック証券ローンファシリティー(TALF)ですでに証券化されていた。

しかしいくつかのプライベート・エクイティーグループとヘッジファンドはその資産を見てみてこのように言う、証券化債券市場の繁栄のなさ、それがローンからキャッシュフローを補充する、がその資産の魅力を削減する。更に付け加えて、完璧に機能している証券化市場の不在がCitiのクレジットファシリティーが有効期限を切れると買い手はどのようにしてローンを融資することができるのか不安が増す。

『プライベートエクイティーは、外部の資金市場と証券化市場が回復するのを見越したビジネスモデルのものには賭けはできない。』と大手プライベートエクイティー社のキャピタル市場の部長は言う。

Citiはこれに意見することを否定した。

この危機の直前までの段階で証券化はモーゲージ、クレジット・カード、自動車ローンのブームの主要動力であり、これらのローンを証券に変え、投資家が簡単に購入できコストを下げてそれらへの需要を増加した。

この混乱の間に事実上、消滅した後、相場は若干息を取り戻したが、多くの投資家を誘惑して戻すにはいたらない。

政府プログラムがいくつかの部分を補助したが、その多くの先駆けは有効期限がもうすぐ切れ、低い金利での融資は多くの投資家がためらっていることからも制限がある。

証券化市場のつまずきは、同様にAIGによる決断にも影響した。政府によって救済された保険会社は航空機リース会社の部門の売却から手を引いた。

広告