小規模ビジネスの雇用成長がないことが景気回復の疑問に拍車をかける

投稿者: whitegru3

Bloombergから:No Job Growth for Small Business Spurs Recovery Doubt

12月の失業率10%から1月は9.7%に下落した改善は、今年末にはこれらの小規模ビジネスが採用しなければ滞るだろう、そして1月14日にBloombergが67人のエコノミストに統計を取った経済成長中央値の年率2.7%は満たされないだろう。

National Federation of Independent Business(全米独立企業連盟)の小企業楽観インデックスは15ヶ月連続で過去最低水準にある。11月の88.3から12月には88に下落したと1月12日に発表された。前4回のリセッションでは90を一度割ったことがあった。

『大変厳しい年が続している、そして2009年は上昇気分で終了していない』とフィラデルフィアの連盟のチーフエコノミストWilliam Dunkelberg氏は言う。『楽観度は確実に止まった。経済回復にもかかわらず。』

22%のメンバーが12月に雇用を削減した。その反面10%が雇用を増やした。連盟は明日に1月の数字を発表する。

投資家は今回の景気回復で小規模企業に価値が存在する予測しないほうがいいだろう。とNYベースの小規模企業に注目するOlstein Strategic Opportunities FundのRobert Olstein氏は言う。

『小規模の新規事業はものすごく困難している。』

クレジットのアクセス不足も小規模ビジネスに偏って影響している。Federal Reserveは2月1日に発表しているレポートで、銀行は継続して小規模企業へのローン基準を引き締めていると出していた。その反面大手企業への基準は変えていない。

PayNet Incの小規模ビジネスインデックスは、$1Mln以下のローンの行方を追跡し、12月には1年前に比べ8.6%も下回っている。

『2009年の上半期は月次の減少はおよそ20~25%であった。よって確かに良い方向へと進んでいる』とイリノイベースの会社Skokieの社長William Phelan氏は言う。Skokieは小規模会社へローンをしている銀行へクレジット・レポートを提供する。それでも『小規模ビジネスへのローン拡大の需要は2006年のピーク時の35%も下回っている。それからもこのリセッションでどれだけまだ這い上がっていかなければいけないが指摘できる。』

『状況はこれ以上悪くなっていかないようであるが、良くもなっていきそうにない』NFIB(全米独立企業連盟)のWade氏は言う。『生き残りの状態である、なにも変わったことが見られていない。』

広告