2番モーゲージ(抵当)の評価損の波がやってくる。

投稿者: whitegru3

その危機が最初に発覚した時は、2007年の2月、心配はそれはサブプライムであり、評価損の最大の割り当ては証券化市場の時価会計損『Mark-toMarket Loss)から来ていた。それでもサブプライムは全体の相場の比較的少ない部分でしかなく、そのときで既存ローンの14%でしかなかった。Alt-Aローンは27%、プライムローンは57%であったとBank Of America Securitiesのレポートは言っていた。

2004~2007の一連のAlt-AオプションARMモーゲージがリセットしはじめている、プライムモーゲージの借用者たちもストレスにさらされている。サブプライムより規模の大きいデフォルトが市場で見られ始めている。

CNBCから:More Homeowners Struggling As Option ARMs Reset Higher

オプションARMローンがどれだけ存在するかの特定の数字は出ていないが、アナリストたちは予測するところ、2004年と2005年だけで最高130万人の借用者が$389BlnのオプションARMモーゲージを借り出している。

これらのオプションARMローンの多くがすでに高い支払いに再調整されているが、もっとこの先に調整が起きて来る。2004~2007年に発行されたオプションARMの88%程度が今から2012年の間に高い支払いに調整される。これらのオプションARMモーゲージ借用者は住居への請求書が最高63%上昇することが予測されるとFitchレイティングは言う。

その選ばれた解決方法は、これまでは、住宅価格の下落を引き止めれば住宅価格はまだ高い水準に止まる。これがFedが金利を上げるのを渋っている理由である;それをすることで多くの住宅購入者と住宅保有者にとって金利の支払いが負担しきれなくなる。

それにもかかわらず、リセットと戦略的デフォルト問題がまだ残っていて、それに今度は2番抵当の問題が視野に入ってきている。

以前に明らかなことはモーゲージ・サービス業者は既存のモーゲージを修正することを奨励していなかった。サービス業者の奨励はサービス業に関連して既存のモーゲージにできるだけ長く手数料をとりたてることである。大手4大コマーシャル銀行はローンのサービス業ではるかにたより規模が大きい。下記が10月からのその内訳である。

  • Bank of America: $2.1兆、1年前の$530Blnから増加(Coutrywideの買収を通じて-これが理由でBank Of AmericaはCountrywideを買収した。)
  • Wells Fargo: $1.8兆、1年前の$1.5兆から増加。
  • JP Morgan Chase: $1.5兆、1年前の$795Blnから増加(Wshington Mutualの買収から)
  • CitiMortgage(Citigroupno一部):$792Bln, 1年前の$799Blnから減少
  • Res Cap: $391Bln、2008年1Qの$449Blnから減少

なぜモーゲージが修正されず何がフォークロジャーを止める方法となるのか?

しかし偶然にも大手4銀行は一度は最大のモーゲージサービス業者で第2モーゲージ貸付業者である。下記のグラフがその数字(Amherst SecuritiesのLaurie Goodmanから)The second lien sticking-point

面白いことにロイターのFelix Salomonによると現在までのセコンド・モーゲージの評価損の大半はABS発行体の本の一部からであると言う。その理由はもちろん、ローンと証券の間で昨年Mark-to-market 会計ルールが自由化されたことにある。

注目したいのは過去2年間で計上された資産の評価損のほとんどがMark-to-market 会計で計算されている。公開市場で取引されている証券はMark-to-market 会計されている。償還まで保持されるローンは違う。これが理由で証券化市場に参加する大手国際企業が評価損の大半を取られている、それが銀行のバランスシートでMark-to-market資産は低い比率であるのに対しても。しかしこれも新たなMark-to-market会計ルールのガイドライン(A few comments about mark-to-market)により終了するだろう。しかし新しいガイドラインは2つの重要な意味合いがある。一つ目が、まだ米銀行の帳簿には不良ローンがたくさんありもしMark-to-marketされると衝撃的な損失が明らかにされる。2つ目は銀行のバランス・シートに多くの不良証券が現れてきて、もしMark-to-marketがより多くの損失を明らかにしてくると。基本的に、新しいガイドラインは、一時的な障害で資産の評価下げられる意味で助けになる。もしそ障害のほとんどが真実であれば、後々へ問題を積み重ねていることになる。

誰かが、計画的にデフォルトをすると、モーゲージ保持者のバランス・シートに2つ事が発生する。一つ目は損失が発生し、説明されなければいけない。2つ目は2番モーゲージは消滅する。

広告