ドイツはドイツの銀行を救うためにギリシャを後ろ楯する

投稿者: whitegru3

Telegraphから:Germany backs Greek bail-out as EU creates \’economic government\’

ドイツ財務大臣Wolfgang Schäubleは木曜日のEU首脳のサミットに間に合うよう計画を立てるように高官たちに依頼した。とドイツのメディアから。その選択としてはEU諸国のからのローン叉は何らかの組織化されたEUの応答のどちらか含んでいる。

そのニュースでユーロは$に対して$1.38に押し上げられ、その単一通貨が昨年末の急降下が始まって以来1日最高の上昇反発となった。ギリシャ10年債の利回りは1時間もしない内に36Bpsも下落し6.36%となる、これは投機筋が拡大しすぎたポジションの出口を探して先を争った。同じような動きがポルトガル、スペイン、イタリア債にも。

ドイツキリスト教民主党主のMichael Meisterはこの危機をだらだらと長引かせることは許されない。『われわれの一番の優先権はユーロの安定化である。』とFT Deutschlandで言った。『もしギリシャが救済を受けるべきであれば、それは厳しい条件の下のみであり、そしてギリシャ政府が根こそぎ改革を引き受ければである。』

ドイツのベイルアウトのための明らかな後ろ楯は地中海地区の財政規律の破裂を導く心配があるにもかかわらず行われる。そして公平さを悩ませる問題を引き起こす。アイルランドは自国の危機を賃金を削減することにより取り組んだ、そsれにギリシャによって提供された政策よりはるかに厳しい政策を行っている。それでもダブリンは救済を受けていない。

ドイツの劇的な政策の変更はユーロ・プロジェクトの性格を変える。ベルリンででの何週間もの自己分析に続きそしてブルッセル、パリ、南部首都からの大声の嘆願が高まった後でもあった。決定要因はギリシャを破壊持ち込むと地中海の負債に『Lehmanのような』流れを導くと言う不安からであった、それと欧州全体にシステム的な問題流れ込むことである。

ドイツはギリシャに€43Bln、ポルトガルに€47Bln、アイルランドに€193Blnとスペインに€240BlnのエクスポジャーがあるとBISのデータからである。ドイツの金融会社はすでに壊れやすくなっており、世界最低のリスク-調整資本比率である。

EUの新議長、Herman Van Rompuyは“economic government”『経済政府』を作成することを呼びかける文章を提出した、それが経済計画の義務を国家権限からEU水準に移すことになる。

それに平行して、連合会長Jose Barrosoはこう言った、ブルッセルは経済管理の阻止を許可する条約権力を持っている。

今は大胆に行く時である。私はわれわれの経済と社会情勢は現状維持から過激な変化を要求していると信じている。そして新Lisbon条約は’これを許可しない。

『経済政策は国家の物ではないが、欧州全体の出来事である。近代経済で孤立しているものはない。メンバーの諸国が改革をしないとその他がそのために苦しむことになる。』

最初のTelegraphの記事はFT Deutschelandから来たものでTelegraphとロイターによって引き出された。その後ロイターがこのニュースを掘り下げている:

『政府のスポークスマンUlrich Wilhelmは連合の情報源がギリシャに対しての援助をする決断を出したというこの根拠のないレポートを否定している。』と政府高官が彼が言っていたと引用した。ロイターは早期に上級ドイツ与党連合の情報源からで欧州諸国はギリシャを助けることを原則的に決断したといっている。

広告