Goldmanがギリシャの赤字を隠す手助けをした

投稿者: whitegru3

Der Spiegelから:How Goldman Sachs Helped Greece to Mask its True Debt

Goldman Sachsはギリシャ政府を真実の赤字を隠すために、EUマーストリヒト規制で合法的に避けられているデリバティブの取引を使って助けた。ある時点で、そのクロス・カレンシースワップと呼ばれるものは償還する、そしてすでに膨れ上がっているその国の赤字を膨張させる。

ギリシャはルクセンブルグのRue Alphones Weickerでは歓迎されなかった。EU統計局、Eurostatの本拠地である。そこでの統計収集者たちはアテネに非常に腹を立てていた。調査報告書には重要なデータが確証できなく、申告するように要請されたが取得されていない。

政府の赤字を累計するときに巧妙な会計が優先された。1999年から、マストリヒト条約ではユーロメンバー諸国で財政赤字がGDPの上限3%を超える国には重い罰金を課すと脅かしている。総合政府負債は60%を超えてはいけない。ギリシャは60%の負債上限を守れたことが一度もない。そしてずうずしいバランス・シートの化粧の助けで3%の赤字上限にとっつているだけである。一度は巨額の軍事支出が見逃されていた、そしてもう一度は何十億もの病院の借金。その数字を再び計算した後、Eurostatの専門家たちは一貫した同じ結果にたどり着いた:真実は、毎年の赤字は3%の上限よりはるかに大きかった。2009年には12%以上に急増した。

今では、それでも、ギリシャの統計の曲芸氏たちは以前思っていたよりもっとずうずうしくなってきている。『特に2002年近辺に、さまざまな投資銀行が複雑な金融商品でどの政府が負債の一部を先に引き伸ばすことができるかを提供した。』内部の人間はこのように覚えており、地中海諸国はこのような金融商品をすばやく取り入れていたそうだ。

ギリシャの負債管理官たちは、2002年の初めに米投資銀行Goldman Sachsの経験豊かな銀行員たちと巨大な取引に契約した。その取引は、政府の負債が$と円では発行されある期間にユーロの債券にスワップされると言うクロスカレンシー・スワップと呼ばれる物にまつわるものである-その後いつかに元の通貨に変換される。

そのような取引は通常の政府の借り換えの一部である。欧州政府は世界中の投資家から資金を調達し円、$、スイス・フランで債券を発行する。しかし彼らは日々の支払いをするためにユーロが必要である。何年か後に、債券はオリジナルの外国通貨で払い戻される。

しかしギリシャの場合、米国の銀行員たちは特別な種類の架空の為替レートのスワップ考案した。それでギリシャは、実際のユーロ市場市場価値$10Bln叉は円よりはるかに高い額を受けることができた。そんな風にしてGoldman Sachsはギリシャに秘密で追加$1Blnのクレジット準備した。

このクレジットで、スワップがギリシャの負債の統計に表れてこないように見せかけた。Eurostatのレポーティング規制には金融デリバティブがまつわる取引は包括的に記録しない。『マストリヒト条約はスワップを通じてかなり合法的にだまされる。』とドイツのデリバティブ・ディラーは言う。

前の年に、イタリアが違う米国銀行の助けを受け本当の負債を隠すために同じような計略を使った。2002年にギリシャの赤字はGDPの1.2%に積もった。Eurostatが2004年9月にそのデータを再調査した後、その比率は3.7%に上方修正されなければいけなかった。今日の記録によると、それは5.2%となっている。

ある時点でギリシャはそのスワップ取引の支払いをしなければいけなくなるだろう、そしてそれが赤字に影響してくる。その債券の償還は10~15年物である。Goldman Sachsはこの取引で高額の手数料を取得した、そして2005年にギリシャの銀行にそのスワップを売却した。

広告