誰もがNHTSA(国家道路交通安全局:米運輸省の一局)に注目

投稿者: whitegru3

Columbia Journalism Reviewから:All Eyes On NHTSA

ビジネス記事は継続してトヨタの問題の衝撃的な報道とその主要規制当局、NHTSA(国家道路交通安全局:米運輸省の一局)の類似的失敗に目が向けられている。

すべての政府のシステムの失敗で、報道陣に役立つレッスンがある。しかし今、何が湧き上がってきているか見てみよう。誰がNHTSAのレポーティングの中心で問題の時事について何をいつ知っていたのか、ロイターとその他のメディアから:Inside Toyota\’s epic breakdown

前7年間の間、トヨタ車の意図的でない加速についての米消費者の苦情は着々と増加している、2007年モデルの車では400のクレームに達した。とNHTSAの調べたデータによる。しかしBush政権の時に開かれたNHTSAによるトヨタ車の捜査は息つまりを迎え、何の行動もとられなかった。2回の安全調査が2007年と2009年初期にトヨタの比較的安いフロアマットの欠陥商品回収で終了し、どちらとも騒ぎだてるほどにはならなかった。

NY Timesが同じ部分に注目している:Safety Agency Scrutinized as Toyota Recall Grows運輸大臣Ray LaHoodがNHTSAの不断の努力を保障することを引用した後に:

しかし内部当局の書類と自動車安全性専門家とのインタビューで、安全当局と大手自動車企業は緊迫感が高まる前に何ヶ月と何年もの機関歌舞伎の踊りを披露している。運転手が奇妙な加速で何十回もの苦情を申請し、連邦監督機関が公式の調査を開き、トヨタは解決を約束する、監督機関は必要な情報を取得できないことに苦情を出す、そして最後にほとんど何も解決策が出てこない。2003年から6回、安全当局はトヨタの安全性問題についての問い合わせを始め、そして6回とも何もきちんとした行動なしで終了していた。

その回数はニュースによって多少は違うが重要な点は同じである:監督機関がケースを開き、何もなしで終了。

Washington Postは昨日、State Farmでさえ2007年からNHTSAに警告し始めている。この記事に対してNHTSAの代表はこのように答えている:State Farm says it first warned safety agency about Toyota accelerators in 2007

『われわれの調査員がその報告を復習しわれわれのクレームデータベースに情報を追加した』と声明を発表した。

トヨタの”隠された文化”の調査で、WSJに監督機関と監督される側がどのようにつながりを持っているか説明している。

NHTSAの高官たちはトヨタの主要連絡先、Christopher Santucciと調査を行った。NHTSAのチームはSantucchi氏を良く知っている:彼は2001年から2003年の間そこで働いていた。Suntucci氏はトヨタのスーパーバイザーのTinto氏は過去にNHTSAで働いたことがあった。

これらのすべては比較的良い報道、でももちろん昨年秋から始まったLA Timesの物ほどではない、ちょうどトヨタが9月の終わりに過去最高の欠陥商品回収を発表したすぐ後である。確かにこれは報道の未開地の期間で、政治家がトヨタの調査に全力で参加する前である、NHTSAの役目がまだ不透明で、トヨタの米国支部はまだピーアールを強硬姿勢を取っていた。12月末にしぶんに共同宣言を出し、それにLA Timesから再度調査されるべき質問に6ページの回答を載せ:Setting the Record Straight

トヨタはその乗り物に関しての問題と欠陥の公共の認識は絶対に最小限にはしていない。それについての反対の意見は間違えであり無責任のさたである。

実際、WSJの記事で、今日では、2人の上級の重役員が1月に監督機関員にこのように認めている、トヨタは1年以上も前からこの問題を知っていた。

1月19日、Washington DCで密室会議で、トヨタからの2人の上位重役員が米国監督機関に対して驚くようなニュースを伝えた。トヨタ自動車のスピードが急に加速する証拠は何年も積み重なってきていた、何十人以上もの死者を原因となった衝突の要因であると疑いのある。トヨタはアクセルが止めてあるフロアマットの問題のせいにした。今は2人のトヨタの人間がアクセルに問題があったことを知っていたことを明らかにする。

NHTSAの2人の上級高官は憤怒した。とこの会議で両方の側で討論した人が言った。会議が終わり、NHTSAの所長David Strickland氏は当局の全力の権限を使って、召喚令状、罰金を含み更にトヨタに車を販売することを強制的に止めることをほのめかした。

トヨタはアクセルの問題を1年以上も知っていた。米監督機関へ沈黙、とその他のトヨタで覆い隠されている危機からの詳細が日系自動車メーカーとNHTSAの間での対立の発展が明らかになってきている。

LA Timesは11月初期に: Runaway Toyota cases ignored

暴走トヨタの事件が無視された。安全調査団は何度もの急速なスピードの加速の報告を無視した、その時に、証拠が不足していると言っていた。

広告