Lehmanの清算人たちは銀行のクレームに挑戦する

投稿者: whitegru3

FTから:Lehman liquidators challenge bank claims

Lehman Brothersの米国側清算者たちは、破綻したWall Streetの金融会社から$50Bln以上求めている銀行たちにクレームをかなり削減するか、それとも裁判で”名を上げ恥をかく”か圧迫をかける。この動きはデリバティブ取引の価値の論争が高まる中で出てきている。

Lehman Brothers Holdingsの最高責任者、Bryan Marsal氏は、会社が終わりに近づいて債権者たちに払い戻しをする役目で、彼はFTのインタビューでLehmanとデリバティブ取引をした40以上の銀行からのクレームに挑戦すると言っている。

『われわれはすべての銀行を彼らのクレームの順に最悪から最高に段階分けした。』とリストラ企業Alvarez & Marsalの社長Marsel氏は言った。

『3月を始めに、われわれは彼らのクレームをわれわれの添付資料と一緒に異議の申し立てを始める。もし決着がつかなければ、彼らは裁判所に行き彼らのクレームを証明しなければいけない。』

裁判所への出頭は銀行にとって恥ずかしく時間の無駄で彼らの秘密のデリバティブビジネスのふたを開けるよう強制されるかもしれない。

Lehmanのそのほかの債権者たちは、銀行のクレームにもかかわらずこのように不平を言っている、誰もLehmanとの物質的なエクスポージャーがありそのデリバティブトレードに関連して何らか損失が発生したと認めていない。銀行の重役たちはヘッジの分を考慮すると彼らのエクスポジャーはかなりの物であったと言う。

Wall Street企業を含む銀行、Goldman Sachs, メリルリンチそして海外のライバル会社Deutsche BankとCredit Suisseは2008年9月のLehmanの破綻は彼らに何千ものデリバティブトレードを入れ替えをしなければいけなく、そのコストも$何十億かかっている。と主張する。

Marsal氏は、いくつかのクレームに”outrageously unreasonable”(べらぼうに不当)であると焼印を押し、銀行はデリバティブ規制の抜け穴を利用し、実際ではなく、そのトレードの入れ替えをする理論上のクレームをすることを許した。

Lehman Brothersの数字には、Lehmanが破綻の申告をした前日に、その会社は実際のところそのデリバティブのカウンターパーティーに金を貸していた。しかし破綻後、銀行たちは合計$51Blnのクレームを提出してきた。

『そのクレームの数字はどうしても数字があわない。そしてその一番積極的なクレームのいくつかは明らかに支持がされない。』

Lehmanのクレームに参加している大手銀行たちはコメントをすることを否定した、または連絡が取れず、しかし銀行の重役たちはこのように言った、そのクレームには根拠がありそれらを弁護すると。

広告