中国がTreasury を売る。。。。いや売った?

投稿者: whitegru3

Bloombergのレポートから:Japan Overtakes China as Largest Holder of Treasuries

中国の米国債の保有高が12月に2000年以来最高の減少を見せ、日本が再び米国債保有高最高の地位についた。

日本の保有高は12月に1.5%増加し$768.8Blnで、中国は4.3%減少し$755.4Blnになったと火曜日の財務省の数字で発表された。中国は保有していたTreasury billを償還させてその入れ替えにより小額のTreasury noteとボンドに入れ替えた。

世界最大中銀準備金を持つ中国は、比較的安全なTreasury から、米国の記録的な財政赤字の膨張にもより、他の投資に資金を動かしているとエコノミストたちは言う。中国のTreasuryの保有高は5月にピークに達し$801.5Blnとなり、11月と12月の純売却額は2007年末以来最初の2ヶ月連続の削減となった。

よって日本がTressuryの保有額で中国を抜いた…いや抜いたのか?

上のチャートからは英国が巨額な12ヶ月間の変化後(下のチャート)、Treasuryの保有額第3にリストされている。

ここがBrad Setser(White Houseで働くためにブログをやめた:Brad Setser: Follow the Money)が去年の夏に細かく書いているところであるThree quick points on the April TIC data

中国は英国を通じて巨額の購入をする傾向がある。

2006年中旬から2007年の中旬までで、英国が購入したおよそ2/3が最終的に中国に再配布された。今も多分同じようなことが起きているのだとうと予測する-中国のT-billの保有のすべては米国のデータにリアルタイムに見られるが、中国の長期債の購入のほんの一部が米国データに直接に現れてくる傾向がある。

よって(ほとんどの/いくらかの)英国のこれらの購入は中国の代わりのためのものであるかもしれない。下のグラフは最新の伸び/リセット・サイクルで、2002年からこのような周期は6回起きていることに注目することは重要である。

よって中国がTresuryの購入を廃止した?そのようには見えないけど。。。まだ。

広告