米国銀行は住宅ローンの物件を取り去るために少々の打撃を受ける

投稿者: whitegru3

FTから:US banks take hit to clear home loan books

Bank of America, Wells Fargo, JP Morgan, Citigroupを含む大手米銀行たちは

“Short Sales”((任意売却):借金の返済に困った人が債権者と交渉の上、 担保物権を売却して売り上げを債権者に渡し、その額では全額返済にならないがそれで了承してもらう取引。債権者が「損をするが強制競売ではもっと損」と考 え、債務者が「この方法なら信用に傷がつかない」と考えるとき成り立つ。))で抱き締めることで問題のあるモーゲージを帳簿から取り去る動きに出ている。

米国のある地域で住宅価格が継続して下落し、多くの住宅保有者たちが自分の家の値段よりモーゲージを借りている金額の方が多いのにおいてショートセールスは今年急激に増えると予測される。

モーゲージ支払い猶予期間と一時的ローン修正がここ数ヶ月中に無効となり、フォークロジャーへ突入叉になる住宅の数も2009年の340万件から430万件へと増えると予測される。

銀行にとってショートセールスの要請はより少ない損失である。フォークロジャーと比べ銀行はショートセールスでは20%少ない損失となる。

昨年のほとんどを主として効果のないローン修正計画に費やした後、BOFA, Wells Fargo, JPMorgan Chaseとその他の大手銀行は住宅危機に対応する手立てとしてショートセールスの手はずを整えている。

「もし2009年がローン修正の年であったなら、2010年はショートセールスの年になるだろう。」とサンディエゴ、カリフォルニア州の不動産ブローカーのJim Klingeは言う。

大手モーゲージサービサーのいくつかはこの変更をするのに慌てている。Wells Fargoは不動産ブローカーを集めショートセールスを指導する方法のセミナーを開いている。Citigroupはショートセールスを促進させる部門を設立し、最近、銀行に譲渡証書を受け渡した住宅保有者たちに試験的なプログラムで-譲与証書として支払われると取引として知られる-移動費用として少なくとも$1000が支払われる。

BofAは追加職員を雇い増えている取引に対処している、それは1年目の水準の2倍ほどになっている。「ショートセールスはREO(real estate owned transactions)より早いスピードで成長している、これは新たな進展である。」とBoAの重役でショートセールスの監督の新規ポジションに就任したMatt Vernon氏は言う。

この動きはObama政権が4月に開始するプログラムで、住宅保有者、金融業者、投資家にショートセールスを完了することで$3500の奨励金を与える

銀行はショートセールスを促進することにはためらっていた、それには抵当権保有者全員の承諾書が必要で、詐欺にさらされる確立が高い。

不動産ブローカーは、これは変化であると言う。「以前はショートセールスの承諾を得るのに1年もかかった。」とラスベガスの不動産代理人のLeslie Carverは言う。「今ではこれらの取引は銀行から1ヶ月で承認が出て、承認率はかなり高い。」

Moody’sのチーフエコノミストMark Zandi氏はショートセールスと”deed-in-lieu transactions”(譲与証書として支払われると取引)がすべての抵当流れの住宅販売全体の20%となるだろう、これは前年の15%からの増加となるであろう。

広告