ほんのわずか21%が言う:米国政府は被統治者の同意を持っている。。。それらの低所得者たちが一番懐疑的

投稿者: whitegru3

Rasmussenから:Only 21% Say U.S. Government Has Consent of the Governed

アメリカ合衆国の建国の文書、Declaration of Independence(独立宣言)に、政府は被統治者の同意からだけを発揮できると書いてある。今日では、しかしたった21%の全米の投票者が連邦政府が被統治者の同意を満喫していると信じている。

...

71%のすべての投票者は今では、連邦政府が特別利益団体であるとみている、そして70%が政府と大手企業は消費者と投資家を傷つける上で一般に一緒に働いていると信じている。それからも75%の投票者が連邦政府の方針に怒りを感じていることがわかる、そして63%が、11月に議会のほとんどのメンバーが敗北すれば国のためになるだろうと言う。

Scott Rasmussen氏の新しい本で、In Search of Self-Governance(自己統治を探し求めて)、

アメリカ人は『われわれの政治組織は崩壊されているという意見に団結している』と書いていて、政治家は腐敗し、どちらの主要な政党も答えがない、『アメリカ人で自己統治したい人と政治家によって納めてほしい人の差が18世紀の英国と植民地の時代の差と同じくらい大きく開いてきているかもしれない』

...

60%の投票者は共和党の政治リーダーと民主党の政治リーダーのどちらも今日必要な物が何か良くわかっていない。35%は共和党と民主党はとても似通っていてアメリカ国民を代表するには全く新しい政党が必要である。

すべての投票者のほとんど半分近くが、電話帳からでたらめに選んだ人々でも現在の議会と同等の仕事ができると信じている。

これを主として集団問題として見るのは驚くことではない。

Rasmussenは:

年収$100,000以上稼いでいる人たちは質問の回答が広く分かれていないが、低所得者たちは今日の政府はただ権力を得る事からの同意持つと言う考えに圧倒的に拒絶する。所得層の一番低い人たちが一番懐疑的である。

広告