カリフォルニア州立大学バークレー校で授業料引き上げ、予算削減が原因で暴動が起きる

投稿者: whitegru3

もし米国で緊縮政策に対抗する兆候が見られ始めてきたら、それは借金が積もっている他の国々においてもも状況はそうはうまく行かないだろう。デフォルトと、叉はリストラは通常、政治的にもっと受け入れられる。

暴力を宣伝するわけではないが、もっと重要なことをメモしておきたい、バークレー校で起きた破壊は計画されたものではなかった、しかしその代わりに、緊張感がコントロールを失うところまで広がった。

この勃発は2つの不協和が原因になったように見られる:一つは学生が授業料の引き上げとプログラムの削減に異議、2つめは一連の人種差別的出来事:大統領記念日の祭日に“Compton Cookout”にBlack History Month(黒人歴史記念月間)の反対、に続きカリフォルニア大学San Diego 校図書館での首吊り縄の展示( UC San Diego: Racial Tensions Boil Over)。学生たちはこれらの事件に対して大学側の反応対する不満が、一連の結束を固め他のカリフォルニア大学キャンパスでのサポートを見せた。

Daily Californianに、カリフォルニア大学バークレー校での暴動の説明が書いてあり、警察によると暴徒者たちに多くは学生ではなかったと言う。Rioters Clash with Police in Streets South of UC Berkeley

広告