£が危ない

投稿者: whitegru3

Willem Buiter、現在Citigroupのチーフエコノミスト、Financial Timesで£に対して特有の憂鬱な情報を書いている。Britain’s lack of credibility hurts sterling

スターリング通貨が弱く、値が動いている理由がある。先進国の中で、英国の経済ファンダメンタルズは独特にひどい。公共負債と財政赤字の観点で、英国の真実の財政状況はギリシャの報道されている状況と同じくらい悪く、過去10年間でのバランスシート外での会計のだましを通じての低めの見積もりの英国公共負債を許すとすると(民間資金主導、未払い公共セクター年金、学生ローン、他のEnronのような建築)

英国の財政の弱さは主として政府によって負わされたもので、金融危機とグローバル成長収縮の結果と言うよりも。危機の前の長い好景気の間、財政政策は冷酷に景気調整型寄りだった、公共支出は景気成長の割合で着々と上っていった。銀行救済の規模は英国規制機関の失敗に反映し、金融システムのバランスシートがGDFPの400%を超えさせた。

政府が信頼性があるとき-その約束と誓約は国民そして相場によって信用される-最高の政策は即時の引き締めではない。信用できる政府は即刻の財政刺激策の実施をする、そうですな、GDPの2%、そして財政維持を回復するために十分な将来の引き締めを自分自身で誓約すること。

3党制政府の国家調和のを今誓約することが状況をすぐに安定することができるだろう。3つのすべての党派が選挙後の引き締めの規模に同意することに失敗すると、選挙後に増税と支出削減を混ぜたものだけが決定される。私はそうなるとは期待しないが。

広告