欧州はWall Streetの銀行を国債の発行幹事から禁止する

投稿者: whitegru3

Guardian.co.ukから:Europe bars Wall Street banks from government bond sales

欧州諸国は、クレディット・クランチの報復の役目として何千億ユーロにも値する国債の発行の儲かる取引からWall Streetの銀行を妨害している。

5年間で初めて、どの大手米国投資銀行も欧州でのソブリン債幹事でトップ9に現れてきていないとDealogicのデータである。Morgan Stanleyだけが10位に位置する。

Goldman Sachsは見送っている。Goldmanは昨年と2006年に第5位に入っていて、2007年は第8位。JP Morganは昨年と2007年、2006年にトップ10に入っていたが、今年は現れていない。

『欧州政府は大手Wall Street銀行の過剰リスクテイキングの風習が変わったと言う確信がなく、収益の前に金融システムの安定化を置いているということに信頼がまだできていない。』と欧州議会economic and monetary affairs committeeの副議長Arlene McCarthyは言う。『この結果、金融危機での経験を習うことに失敗した銀行とビジネスをすることに気が進まないのは驚くことではない。銀行は犯した間違えを認め、政府の信用と信頼を勝ち取るために道徳的な行動を取るべきである。』

欧州ソブリン債リーグテーブルは、今では欧州銀行、Barclays Capital, Deutsche Bank, Société Généraleなどに支配されているとDealogicから。彼らのビジネス・モデルは通常どちらかと言うとより顧客関係に力を入れたもので、その反対に米国投資銀行は伝統的に率直のディール・メイキングに力を入れてきている。

国債取引から除かれると言うことは、今年の手数料を設けるチャンスをミスすることである、M&A、株式公開が干上がっている事もある。西欧州政府は今年推測で$1/2兆の資金を債券の借り換えと銀行救済の支払い、失業者の増加のために調達しなければいけない。

銀行は通常は、債券発行の引き受けで総合取引価格の割合を取得する、それは今年のソブリン債の発行額が増幅し何千万にもなりかねない。Barclays Capitalが取得する$9.2Blnの欧州債からの1%の手数料、$92Mlnは今年の収益の助けとなる。

Barclaysは英国債の発行で国内を固定したことで収益を上げる、Philip Augar,投資銀行関連の本Chasing Alphaの著者によると、ある程度の”nationalism”(国家主義)が表面化してきたと言う。『自分たちの金融機関を守るために人々はできるかぎりのことをした。』と言う。

National Bank of Greeceが少なくとも5年間で初めてトップ10に入ってきた。ギリシャは直近の債券発行でGoldmanとMorgan Stanleyを除外し、さらにヘッジファンドもリストから取り去った。

ギリシャの負債管理局の局長Petros Christodoulou氏は、債券発行は市場安定化を図る上でより長期投資化に向けてされたと言う。ギリシャは、Goldmanがデリバティブ契約により国の真実の公共負債を隠す助けをした後、最近にGoldmanと緊張した関係となった。更にギリシャはその債券を中国政府ファンドに売却したと言うレポートを否定している。

投資銀行はそれらのビジネスの範囲が秘密の壁で分けられていると主張するが、国々はそれらの取引が矛盾していると激怒している-それらが自分たちにブック上であるか叉は顧客の物であるかにしても。

Goldman Sachsは、今四半期で米国$建てのディールを含むと、欧州ソブリン債市場全体でのポジションは改善したと言っている。Goldmanは自分たちのデータによると今年は欧州ソブリン債発行は第4位であると言う。

ギリシャ、スペイン、ドイツ、フランスも同様に投資家が国の可能性あるデフォルトに対して賭ける事が可能であるCDS市場の変更を押している最終的により安定化をもってくることになる。

英国、スペイン、アイルランド、ベルギーは今年の最大の10取引でWall Streetの企業を使用していないとDealogicは言う。

英国はBarclays, Deutsche, RBS , Royal Bank of Canadaを先月の$7Blnの発行で使った。スペインは直近の発行をBarclays, Citi and SocGenと同様にSantanderを使用した。

Goldman Sachs, JP Morgan, Morgan Stanleyは過去10年間に富と力を爆発的に増加した。Canary Wharfのグラスのタワー、叉はGoldman SachsのFleet Streetにある欧州ヘッドクォーターでは、受付口では定期的に首相と世界ビジネスリーダー、億万長者の投資家を迎えていた。

『大手投資銀行の権力は銀行危機に原因であった、そしてそれらに立ち向かうのは監督機関と投資家次第である。それらを拾い集めるのはその方法ではない。』とAugar氏は言う。

しかし積み上げられた権力は減退させるには大きすぎる。『これが継続されるとは疑い深い』『米国投資銀行はそれほどたたないうちに欧州に戻って来るだろう、なぜなら彼らとても力が強く、欧州に大きな足跡を残したからである。』

EUも同様に自分たちのマネタリーファンドを作成し米国金融パワーを抑制している-WashingtonベースのIMFのレプリカである。欧州ファンドの必要性はギリシャ危機の時に浮上し、欧州の政治家たちは金融問題は自国の土地で解決すべきであると主張した。

広告