独身黒人女性の勤労年月全盛期での純資産中央値:$5

投稿者: whitegru3

Insight Center for Community Economic Developmentから:

この調査は2007年に消費者金融の統計を調べた物で、3年に一度実施され、富の不均等の情報の資源で一番信頼できる物ともされている。この分析はFederal Reserveがが使う純資産と同じ定義を使っている。

このレポートには:

2007年のデータはSCF(Survey of Consumer Finances:消費者金融統計)で今日までで一番最近の物となっている。重要なことはこのデータのほとんどが景気停滞以前に収集された物で、このため富の水準が現状より良い状態を表している。それにもかかわらず白人と非白人に対しての富を描いた全体の模様は変わっておらず。もし何かあれば、それは黒人が保持している富の描写が2007年の時と比べて今日ではあまり良くない可能性があるということである、それは黒人は自分たちの資産の大半を家の保有で持っていて、今回のフォークロジャーでは黒人地域はかなりダメージを受けている。この結果、データは黒人の女性が保持する現時の財産において控えめな推測を出している。

ここで重要な一説:

しかし白人女性勤労年月全盛期、36~49歳では財産の中央値$42,600となっている。(それでも白人男性の61%だけである。)黒人女性の財産の中央値はわずか$5。

黒人女性も一度子出産/子育てを過ぎると、独身の黒人女性はより楽になる。それらの純資産は50~65歳の集団でおよそ$60,000近くに上る。しかし独身の白人女性はその2つの年齢層に渡ってかなりの純資産の増加が見られ、$70,000近くに行く。

Study finds median wealth for single black women at $5 Pittsburgh Post-Gazetteから:

一般に黒人女性はサブプライム・ローン危機に巻き込まれた可能性が高く、高所得黒人女性は高所得白人男性と比べ5倍も高いモーゲージを取得していた可能性がある。

『一般のイメージとしては、彼女らは金を使いすぎる、そのためクレジットカードと消費者ローンの制限を越えてしまう、しかし収入より生活費のほうがすばやく上昇し、日々の生活必需品のために借金をしなければいけなくなっている。』『それが複合されている、それは黒人社会の失業率は白人の2倍であるから。』

広告