報道によると、Googleはもうすぐに中国から撤退する。

投稿者: whitegru3

ComputerworldUKから:Google to pull out of China soon, reports say

報道によると、中国政府との交渉は崩れている。Googleと中国政府の両方は、2者の交渉がうまくいかずGoogleは中国でのそこでの運営を閉鎖すると言ううわさが流れている。

WSJ:Google\’s Ad Partners in China Say Standoff Threatens Their Businessには、中国政府は報道WebサイトにGoogleの中国サイトはもうすぐ閉鎖する可能性があると連絡し始めている。

Googleは、1月の中国に内部からのGoogleもネット・ワークの攻撃が明らかになった後、中国のでのオペレーションを停止すると脅かした、それは中国の人権問題活動家たちのGmail口座を暴露する事が目的とされた。その時には、Googleは政府の要請に従い中国でのユーザーの検索結果を検閲する意向を再検討すると言っていた。

Googleはそれ以来中国政府と中国でのオペレーションを継続する方法を見つけるため交渉をして来た。Google側は、今日中国との交渉段階についてのコメントはしていない。

『Googleは中国がもっと柔軟性があるのではないかと思ったのであろう』とEnderle GroupのアナリストRob Enderle氏は言った。

『米国政府は常に柔軟性を見つけられるように、柔軟性は、中国に西側の考えが人権がどうであるか探せる物ではない。これは中国が頑固で、そして一般に政府と交渉している時に民間は巨大な不利がある。

Googleは継続して中国に立ち向かい主には業界の注目者たちのサポートに受け入れられ、彼らは中国の検閲需要を譲り受けることによりここ数年での友好の大勝利を勝ち得ることを助けたことになると言う。

Gabriel Consulting GroupのアナリストDan Olds氏このように言う、この交渉での最近発表された声明は両者の間でかなり大きな対立があったと指摘される。

『最新のレポートから、Googleが中国を撤退について典型的な見せかけではなく正真正銘の崩壊であると聞いている。』

『私が見る限りでは、Googleが検索で中国政府の規制に対応して行動すると決断してから、Googleで長期哲学的な論争がある。Googleが現在主張しているのは最初の段階で検閲の役割をすることに承諾することに不快することに大きな問題があり、それは彼らの基本的な信頼である情報の自由に反するそしてそれから生まれる社会的利益。』

もしGoogleが中国を去れば、マイクロソフトは中国での検閲検索結果に意見をしないと言うことから批評家からたたかれるだろう。

マイクロソフトの重役たちは、Googleろ中国政府の戦いの結果がどうであろうと中国に残る事を最近明らかにしている。

広告