英国:1/4の成人は無職

投稿者: whitegru3

Telegraphから:Quarter of adults out of work, official figures show

英国の4人に一人以上の成人は働いていない、ここ数ヶ月で記録的な数の人間が労働人口を去った。と公式のデータを示す。

総合10.6Mlnの人間が職がないか、仕事をを見つけるのを止めていると国家統計局からの数字が出ている、これから今までで最高の人数の人間が労働人口から去ったことになる-その代わりに学校に戻る、病気休暇、叉は職探しをあきらめる。

前年の11月から1月の間、過去最高149,000人が労働人口を去った、そして『経済的に不活発』になっている。これらの人の数はヘッドラインの失業者の下落の数字を相殺する以上になっている。

失業者は3ヶ月連続で下落した、33,000人減少し2.45Mlnに達した。それはまだ重要な2.5Mlnを飛び出していない、言うまでもなく1990年代初期と1980年代に取り付かれたリセッションの時の3Mlnのバリアには行っていない。

しかし、エコノミストはすぐにその国家統計局からの月次の数字には注意するよう言っている。

経済的に不活発な人数の合計は8.16Mlnに達した、これは国家統計局が記録をとり始めた1971年から最高の数字である。

無職叉は経済的に不活発な人数は合計10.6Mln,成人で働くことができる年齢の28%を占める。

経済的に不活発な人数の大幅増加は、過去3ヶ月におとそ100,000人が学校へ戻り勉強することに決断している。

Chartered Institute of Personnel and Developmentの有名な雇用経済学者John Philpott氏は『どのように測定しても失業者は急激に減少している、しかし54,000人の職が少なくなり、特にフルタイムの仕事が打撃が痛い。明白な矛盾は経済的に不活発な149,000人の数の増加で説明される、それと学生の98,000人の数の増加である。若い世代の人々は失業を避けるために勉強することを選んでいる。

更に18,000人が子供養育叉は両親の世話のために家にいる人たちもいて、この人数が2.3Mln人に達した。それから長期病気が2Mln。統計局は、8.16Mlnの経済的に不活発な人間の内2.3Mlnが働きたいと言っている。

Shadow Work and Pensions SecretaryのTheresa May女史は『ヘッドラインの数字に現れてこないのは仕事を探すのをあきらめている人たちである。成人で働ける年齢の5人に一人が職を持っていない。』

『英国は雇用と経済成長のために信頼できる政策が必要である。公式の数字に表れてこない職を探している2.3Mlnの人が仕事場に戻れる。』

経済的に不活発な人間に加えて、更に1.04Mln人がパートタイムで、それらの人数はフルタイムの仕事が見つからないから労働時間を削減された人たちである。

専門家は更に、職が増えているセクターは公共の部門だけで、中央政府により22,000人が採用され、ほとんどがNHS(National Health Service)。

皮肉にも、新社員を採用している機関は雇用斡旋で、過去3ヶ月で2,250人の新社員を採用した。

その反対に、民間セクターの雇用は61,000人減少した。とPhilpott氏は言う『今度の普通選挙で投票を結びつける課題となる良性のヘッドラインの失業者の数字が失業者潜在性を制限できるかどうか、次の政府を設立する人が誰になろうとも今世紀の内に英国政府を完全雇用に戻すための努力は非常に困難な仕事となろう。』

Work and Pensions SecretaryのYvette Cooper女史は『過去3ヶ月連続での失業者の減少は大変好ましいが、継続して用心したほうが良い。』

『まだ難関を切り抜けたわけではない、われわれは今年職をサポートし失業者を助ける事を決意している。』

広告