欧州圏の終えんの幕開け?

投稿者: whitegru3

Financial Timesから:Gaps in the eurozone ‘football league’

やっと解決に向かっている、それは悪い物ではあるが。政治的と金融的な援助の数週間の誓約後、Angela Merkel首相はIMFにはいずってギリシャに送る準備ができたように見られる。

ドイツはその態度には合法的な理由があると示唆した。その一部の判決には、その憲法裁判では欧州の法律で安定の条項は厳しい可能な限りの意図と解釈する。これらの判決が政府の高官たちの中で深く印象残すことになった。この議論が本当であったのかそれとも政治的に人気のない救済を認可させないために口実であったのかは言い難い。それは多分その両方の組み合わせだったのだろう。

私は(Wolfgang Munchau)はこのような提案を聞いた、それは契約はまだ今週の欧州サミットで可能性があるかもしれない、しかし誰もが安定協約を改悪するドイツの恐ろしい計略に同意すればであるが。それにはより厳しい政策と欧州圏の意思に反して強制的に去る国に非常に厳しい脱退条項を含まなければいけないだろう。私はこれには期待していない。

しかしどちらの結果にしても欧州経済通貨同盟の終えんの幕開けとなるだろう。

数週間前のコラムに、私はこれらの状況は欧州圏が長期に’生き残るために必要であると提案した:危機解決構造、内部の不均等を対処する手順、そして共通する銀行業務の監督。それ以来、状況はその3つのすべての観点から誤った方向に進んでいる。

まず第一に、マーストリヒト条約の救済なしの条項の状態から来て、10年間ほとんど例外なく信じられなかったところか急に100%信ぴょう性があるところに来た。

不均衡の議論も叉逆行している。ドイツに賃金を上げ輸出を削減するよう頼むのは同意が通らないだろう。しかしドイツの国内需要の不足について正当な不満がある。ベルリンは戦略を開発する必要があることを承諾すべきである。しかしその反対が起きている。

銀行業務監督で、共通欧州システムのための主な理由はマクロ経済である。通貨結合で、もし銀行システムがメンバーの国ではなく同盟の水準で真に支えられていたら不均衡はほとんど問題ないだろう。銀行はECBから流動性を取得でき、たとえ極端で持続する経常収支赤字は好景気には問題ないはずだ。しかし危機には問題になってくる。銀行破たんが国家負担になっている以上、持続する不均衡は最終的に国家の破産を導く。もし銀行セクターが正真正銘の欧州系であれば、不均衡は相対的競争力の重要な測定になるが、われわれの心配はかなり少なくなるだろう、ちょうどわれわれが州と比べて市の経常収支赤字について心配しないように。

救済システムの欠陥で、不均衡の削減と共通銀行システムの議題は長期投資決断をする上で投資家は考慮すべき事実であり、同じように政策立案者たちが国民たちのために重要な選択をするように。現実は欧州圏が、今日そうであるように、通貨同盟ではなく高性能な固定為替レートシステムである。

広告