Moody’sは米国債はトリプルAの格付けを試す可能性がある

投稿者: whitegru3

NY Timesから: Moody’s Says U.S. Debt Could Test Triple-A Rating

米国の金メッキのクレジット・レイティング-米国全土にわたる信頼の条項、そしていかにも、世界全体においても-は数年間のうちに国家が増えていく負債対処していく上でリスクがあるかもしれない。

Moody’sによって月曜日に出されたまじめな評価が、たとえ一番安全な投資とたされているAaaの格付けの米国Treasury Bondsでさえある日もしWashington政府が連邦負債の運営を失敗すれば格下げされる可能性はあると思い起こさせた。

Moody’sはこのように言った、米国と他の主要西部諸国、特に英国は最上の格付けを失う所にかなり近づいた。その格付けは安定しているが、それらの『格下げまでの距離はすべての判断でかなり減少した』と格付け会社は言う。

格下げは米国人のプライド以上に影響を及ぼすことだろう。一番のリスクは極端に有利な条件で金を借りる事ができる能力であろう、そしてその結果税金収入で取得するより多くの金を支払い続ける。

クレジットレイティングは貸し手と投資家に借用者がどれくらいローンを返すやすいかを知らせる。優れた格付けは貸し手にほとんど心配しなくてよい意味をする。低い格付けは一般に債券投資家が債券に高い金利を要求する結果となる。

これらの高い金利はこのようにして国家全体の負債の負担を増やし、そして政府が支出を削減し在勤を増やす、叉は両方のことを強制する。その難儀は最近のギリシャとポルトガルにうまく描写されて、国民が通りを社会保障と国からの福利厚生を直接削減する厳しい経済緊縮政策に反対するストライキと討議集会を含めて。

『成長だけでは益々複雑になった負債の方程式を解決しない』とMoody’sは言う。“Preserving debt affordability”(負債の値ごろ感を保存)-これは政府歳入に対して金利支払いの比率-『Aaa格付けに一貫した水準ではいつも、あるケースで社会的一体性が試される規模の財政調整が必要である。』米国、英国、フランス、ドイツは常にMoody’sによってトリプルAを格付けされてきた、米国が最初に格付けされたのが1949年である。

Moody’sでソブリン・リスク担当最高取締役Pierre Cailleteau氏は、それらのどの格付けもこれまでは危険ではないと強く主張した。

しかし彼はその上位の国々の中で差別をつけた、それは英国と米国は厳しい状態にあると言う。

『英国と米国はドイツ叉はフランスより試されることだろう』Cailleteau氏は質問にE-mailで答えた。

『それらの格付けは他の国より危機によって障害を受けた公共財政を修復できる能力にかかっている』

強い経済回復なしでは、政府は経済をサポートする事が消えていく重大な苦労に向かい合うだろう。とこのレポートの中心的著者Arnaud Marès氏は言う。『それがそれらの国のクレジットを傷つきやすくさせる。』

昨年の5月に、Moody’sは日本の格付けをAaaからAa2に下げた、市場は日本の負債の負担に対して不安が増してきていた。

現在のところ、米国の負債はまだ余地がある、とMoody’sは言う。歳入対する金利の支払い率は今年8.7%に下落した、これは2年前には10%に天井をつけた後である。もしこの傾向が逆転するなら、Moody’sのアナリストたちは、『連邦政府のAaa格付けに下降の圧力出てくるだろう。』

Obama大統領の政権は現在の財政年度に米国財政赤字がGDPの10.6%に上るだろうと推測している、これは1946年以来最高である。そして連邦政府負債はGDPの64%へ、政府支出は戦後最高GDPの25.4%へ上昇すると予測されている。

英国では、Moody’sが言うには、リスクは成長の見通しが楽観的すぎるそして税金収入が推測に見合わないことであり、Gordon Brown首相の政府はほとんど巧みに扱う余地がない。

この状況では、負債は-政府はすでにGDPの90%近辺で安定すると推測-膨張しクレジットレイティングを揺るがす。

英国と米国の両方の比較で、レポートによると、フランスとドイツの一般世帯は危機に比較的低い負債で突入した、そしてそのため政府はやや大目の余地で巧みに扱うことができる。それでも両方の国は経済成長が伸びない場合に財政上の規律を持続するために圧力がかかってくる。

Moody’sのCailleteau氏は、“discretionary fiscal adjustment”(任意の財政上の調整)-プログラムの削減叉は増税-はグローバル危機が政府のバランス・シートに与えた損害を修復する主要手段となってきた。そして政府がつらい政策の必要性を行う能力があるか引き続き様子が伺われる。

『経済成長がいくつかの政府の調整計画を他のものより援助するだろう』『しかしどの政府もそれに頼ることはできない』

更に、危険なことがある、それは政府の刺激策を撤退を始めることが不可能叉はその意欲がないことで、中銀が経済が準備ができる前に金利を引き上げる戦略を取るかもしれない。そのような状況がすでに複雑な負債の方程式を『すばやく重荷を増やすかもしれない、それともっと突然の格付けの結果の可能性があるかも。』

Moody’sは最近のスペインの自国財政の対処の努力に称賛したがそれでもその調整過程は疑いなしに長々に渡り厳しい物になるだろう。

北欧諸国において、Moody’sはその地域は危機に比較的健全な状態で突入し、それらの格付けは十分保護されているように見受けられる。

広告