欧州は弾丸を詰めた銃をテーブルに置いた?

投稿者: whitegru3

Credit WritedownsのEdward Harrisonから:

ギリシャ首相Papandreouはこのサミットでテーブルの上に弾丸を詰めた銃を欧州首脳陣たちに置くよう尋ねた、言い換えれば、投機筋をかわすために何か具体的なことをしろと言うことである。それで彼らはそれをした。欧州首脳陣たちが現在打ち出した取り決めは誰もを巻き込まれた政治的強制の上でわれわれが望んでいた中で最高の物である。欧州圏16諸国は条件付のローン救済パッケージとIMFの援助と監督に承諾した。ギリシャ首相はほとんどがEUサミットの前でフランスとドイツによってたたき出された結果に満足していると表明を出した。

しかしそれで十分であるのだろうか?将来的に十分なのか?下記の項目はこの取り決めを疑い深い欧州の民衆の投票に売るため作られたいくつかの目だった指摘である。

  1. これは救済ではない。この合意は条件付の計画である。’救済でない’概念はいつもドイツにとって重要な計画を妨げるポイントになっていた。この計画では、ギリシャが受け取るどの援助もローンとして受け渡される。さらに、もしギリシャが自国自身で普通の市場をベースとした負債による資金調達から締め出されデフォルトに面したら、金は最後の命綱として有効になる。
  2. これは常に心理的な危機である。一番最初から、ほとんどの欧州首脳陣たちはすぐの財政援助より’心理的そして政治的サポートの必要性を強調した。この姿勢の要点は、他の欧州ソブリン債(ポルトガル、イタリア、スペイン、アイルランド)の市場へ感染する可能性があるパニックを見せることを避けることにあった。
  3. ギリシャは一度も救済を求めていない。もうすぐ政治家たちはギリシャが援助に対して正式の要請は出してはいなかったといっているのが見られることは保証してもいい、それは厳密には性格ではある。これでギリシャ首相Papandreouはドイツ叉はフランスの寛大さにつるされたように現れるよりは彼の面目を立てる事ができる。
  4. 弾丸詰めた銃はテーブルの上に置かれている。Papandreouの見方から、即刻の心理的そして政治的なサポートを受け入れることが重要であった、しかしこのサポートは特定の条件付の計画で支援される。ブルッセルの外交官によると、この援助パッケージはユーロ20~23Blnの範囲である。すべて16欧州圏メンバーが金を出すことに承諾しなければいけない指摘してある、そしてすべてのメンバーがそのローンに寄付することになる。ドイツが最高で27%の分配。IMFは追加でユーロ10Blnまでを決済するとその契約の規則になっている。

この最大のつまずきはフランスで、それはIMFの所長Dominique Strauss-Kahn氏はフランス大統領Sarkozy氏の政治的ライバルであるからである、そしてそのSarkozy氏であるが権力が弱まってきているように見られ、フランス地方選挙で驚くような敗北をした。多くの欧州人たちはIMFが嫌いであるのは米国の息がかかっていて、どんな状況下でもSarkozy氏は個人的に救済でIMFに乗っかりたくないなぜなら将来の選挙でSarkozyに対してStrauss-Kahnを優勢にするからである。

昨夜、Figaroレポートを元に書かれた記事で契約がやっと取り決められたことを説明するのが始めてであった。予測ではSarkozyとMerkelはいくつもの理由で承諾したと思う。主要な物は彼らは欧州を弱く見せたくないと言うことで、このサミット後にはっきり決まった計画がないのは確かにそうとみなす。EUは予測できる将来においてデフォルトが即刻でない限り政治的サポートを提供する以外何もしないと予測していた。そしてこれは厳密には今は正しいが、条件付の計画がその見方をかなり変えてくる可能性があり、Sarkozyも本当に必要でなければStrauss-Kahnの巻き込みがないことからは気分が休まっている。その間Merkelは救済はないと言えることができる。

すべてを見て、台所に全員が違った議題を持った何人ものシェフがいる上でこれは最高の結果である。

しかし注目したいのはEconomistにはGreece is likely to need far more financial aid than seems to be on offerギリシャは提供さえているよりかなり多くの財政援助が必要になってくる可能性がある、実際3倍ぐらい。それでも今は、最悪の状況はま逃れた。

広告