赤字が小さい国から外国債を買うための場合

投稿者: whitegru3

Business Weekから:Bill Grossが投資家たちに赤字が小さい国の債券を買うよう推奨している

世界最大の債権ファンドPIMCOは昨日にBloombergラジオのTom Keeneとのインタビューで『米国債券はすでに最高期は見てしまった。』と言っていた。12月に株式ファンドを勧めていたPIMCOは投資家に赤字が小さいカナダや、ドイツそして高利回りの社債を投資家に買うように勧めている。

同じようにMad Hedge Fund Traderから:Sovereign Debt is a Great Place to Hide

私は絶えず投資家により、今のところ市場が提供するリスク/リワードで理解できるように不満で、どこに現金を駐車するのに安全な場所であるか尋ねられる。今利回りを取りに行こうと思うとかなりの元本リスクが伴い、われわれが2007年夏に見たように。

私は過去9ヶ月に投資家をInvesco PowerShares Emerging Market Sovereign Debt ETF (PCY)へ誘導するのに大変運がよかった、それは主にアジアと南米政府事業体の債券に投資し、そしてそれは誇らしげに寛大な6.44%の利回りを示した。これは現在Cashで得られる1Bpsをたたきのめし、そして10年Treasuryの3.76%をも、そして主に単独のBBB以上の格付けの米社債を買うiShares Investment Grade Bond ETN (LQD)の4.70%の利回りも上回った。

ここでの大きな違いは、PCYは他の選択肢と比べ前向きに見てクレジットの上方修正の将来性がより明るいと言うことである。多くの新興市場はほとんど叉は全然借金がないことが判明している、それは最近まで投資家はクレジットの品質はひどく悪すぎると思っていたためである。その地域のデフォルトの歴史は疑いなく投資家の頭の中に1820年にまで戻る。

ソブリン債ファンドは負債の危機のど真ん中で投資家の金を安全に駐車しておくのには最後の場所だと思われているだろう、しかしそれは間違っている。PCYはソフォクレスとプラトンの地元の保有は最小限である、そして他の欧州諸国PIIGSも大変少ない。事実、ここ危機はクレジットの品質の差別を加速させ、籾殻から小麦を分離し、財政上信頼できる国によって発行された債券にまともなプリミアムをつけ、その反面悪い分に大目のディスカウントをつける。どうやらこのファンドは舵を取るのにまともなマネージャーをつけているようだ。

米国債の発行は天井をつきぬけ、今では靴が反対側の足ではいている。

GrossとHedge Traderの両方は米国経済にどちらかというと強気であると指摘すべきである。たとえば、Grossが米国Treasuryに弱気である主の理由のひとつは、彼は米国が巨大なインフレにぶち当たると確信しているからである。もし彼が間違っているなら-そして誤ったデフレーションがもう少し阻止してArguments for Deflation: Unemployment, Debt and Deleveraging, the Pension Crisis, Collapse of the Shadow Banking System, and Interest on Reserves-米国Treasuryはまだ改善するかもしれない。

外国ソブリン債において、Ferguson and Faber: Sovereign Debt Crisis Will Spread World-Wide, U.S. Debt Is Unsafe, Dylan Griceは明らかにどの国も安全ではないと思っている。もし彼らが正しければ、それは金(GOLD)へだと言える。

広告