ヘルスケア法案のおとり販売:保険業者は存在する病気への保険を拒否する余地をうまく切り抜ける

投稿者: whitegru3

オバマ政権のヘルスケア改革提案で多くの人々が乗っていった2つの理由は保険のない人たちへの保険を拡大し、すでに存在する病気(現在存在する保険を撤回事も含む)に対して保険を拒否する保険業者の能力を除外するであろうと言うことからであった。

2つ目の主張はうそであった。そしてその穴埋めがすでに明るみに出てきている。NY Timesからの記事で:Coverage Now for Sick Children? Check Fine Print(病気の子供への保険が今はかなう?詳細規定事項を読みなさい)

オバマは3月19日北部バージニア州のヘルスケア集会で演説をする、『今年から、保険業者は病気を持っている子供への保険を拒否することを永久に禁止することになるだろう。』と言った。

そしてこれが真実:

弁護士で、彼の顧客は雇用主と保険会社を含む、William G. Schiffbauer氏はこのように言う、『その詳細規定事項は大きな政治的メッセージとは異なる。もし会社が保険を売ると、その契約によって病気持ちの子供への保険を提供しなければいけない、しかし病気を持っている誰にでも保険を売り必要はない。そして保険会社は追加でかかる費用を補うためにプリミアムを増やすことができる。』

しかし保険業者は、2014年まで、法律は子供又はその家族に対して保険を書く必要がない。保険業の言語で、法律はそれらの前で『保障問題』条件を含まなくてよい。

2014年1月から、ヘルスケア法案は保険を申請する誰もを受け入れなければいけなくなるだろう。

ということは、2014年からすべてがうまくいくのだろうか?そうは思わないほうがいいと思う。

存在する病気がたびたび今関与してくるのは、患者が金のかかる病気を持っていて、そして保険業者は保険を拒否する道を見つける。そのようにして患者の過去の健康診断を探し何か保険業者に伝えることをしなかったものを見つける、そしてそれを使って保険を拒否する口実にする。そして保険業者に伝えることを忘れていたことがささいな出来事、又は保険業者に伝えなかったのは医者の診断が遅れたからであろうとかまわない。(たとえば、保険を取得する前にライム病にかかったとしよう、しかし保険を取得した後、その病状が進行するまでどの医者も診断を宣告しなかった。)

なぜ保険業者はこのような弱い口実を使って保険をキャンセルすることができるのだろうか?それはこれまでにこれらの除外は『詐欺と意図的な誤った提示』であるということを正当だと論じることに成功してきているからである。

なんと、草案にはこの『詐欺と意図的な誤った提示』を維持し、除かれ、この言語が改定された事を指摘することについては何も見ていない。150,000人メンバーを持つ看護協会の重役取締役たちは、その法案に反対し:

保険業者は継続して『詐欺と意図的な誤った提示』に対して保険を撤回するかもしれない-今では保険業者が保険をキャンセルするのに使う主の口実。

そうすると投票者たちはいつにそのおとり販売を完全に見分けることができるのだろうか?2014年、オバマが第2期に投票されることが期待される時。

広告