ヘッジファンドマネージャーは昨年ものすごい儲けに戻る

投稿者: whitegru3

上の左から: David Tepper, George Soros, James Simons, John Paulson, Steve Cohen; Bottom from left: Carl Icahn, Edward Lampert, Kenneth Griffin, John Arnold, Philip Falcone

追加の写真

NY Timesから:Pay of Hedge Fund Managers Roared Back Last Year

全米の大手銀行の幻のような回復は銀行員たちに影響を及ぼしただけではなかった-ヘッジファンドのマネージャーたちにも巨額の儲けを与えた、それには金融セクターに大きな賭けをした勇気のある投資家に2009年は記録的な$4Blnの収益をもたらした。

ファンドマネジャー、David Tepperは政府が大手銀行を破綻させることはしないのに賭けた、たとえ他の投資家たちは銀行は崩壊し国営化されると言う恐れの真っ只中から金融株から逃げていたにもかかわらず。

『われわれは国の復活に賭けた』とTepper氏は自分のトレーディング・テクニックを深い分析と常識との混合であると説明する『他の人たちがパニックしている時に冷静さを保つものたちは通常うまくいく。』

Goldman Sachsで最初に名を上げ率直にものを言い、ピッツバーグ出身のTepper氏に手渡したストラテジーは木曜日に出版されるAR: Absolute Return+Alphaでヘッジファンド業界年収収益最上位の座を勝ち取った。

彼の投資家たちはまずまず儲かっている-Tepper氏の主要ファンドは昨年130%以上のリターンをあげている。

2番手に輝いたのはGeorge Sorosで、ハンガリーからの移住者で最近民主党の候補者を援助することでより知られていて、株の銘柄選びより政治的見出しを騒がせている。彼のファンド、Quantum Endowmentは2009年に29%の業績をあげSoros氏は手数料と投資の儲けで$3.3Bln稼いだ。

ヘッジファンドは-選択され、制限された投資家の範囲内で軽く規制された投資物件-2008年の金融危機以前の買収ブームの間勝利の走りを楽しんでいた。それから業界の底が抜け、たとえ上位のヘッジファンドでさえ2桁代の損失を記録した。順繰りに、上位25のファンドマネージャーの収益は2008年の統計では50%急落した。

その時点で、何人かの相場専門家たちはその業界がこんな不規則な実績に対して継続して高額の手数料を請求することが可能であるが疑問であった-マネージャーは通常ファンドの年率実績のかなり割分を受け取る。結局はヘッジファンドは相場ボラティリティーから投資家を守るのが当たり前で、それにさらすのではない。

しかし驚くような再起で、上位のヘッジファンドマネジャーたちは2009年株式の上昇の記録的な上昇に乗っかった。統計によると、上位25の最高収益は合計でw$25.3Blnとなり2007年の過去最高額を大幅で追い越した。

このリスト個人最少額報酬は2009年に$350Mlnであり大手銀行と証券会社の給与パッケージに対して公共の憤怒にもかかわらず上位のヘッジファンドマネジャーたちが高額の報酬を受けて残っているという兆候である。

それでも昨年の大きな勝利はヘッジファンドの中では一定ではなかった。多くは収益を上げるのに苦労し勝利者と敗北者に大きな溝を広げたと業界の専門家は言った。

『才能があるのものとないものがいる。』ヘッジファンドの重役就職斡旋業社Pinetum PartnersのSandy Grossは言う。『彼らは例外である、最高級の会社の最優秀者たちである。』

上位25人の多くが2008年の大幅ロスの後に2009年に大きな勝ちを得た。2009年の上位10人半分は昨年損を出している、それにはTepper氏も含まれ主要ファンドAppaloosa Investment Fund Iは2008年に27%下落した。

下落にもひるまず-そしてLehman Brothersの破綻と精算にも-Tepper氏は2008年末と2009年初期に大手銀行の優先株と債権を買い貯めた、正確な推測で政府は大手銀行を破綻することは許さなかった。

財務省が同僚の投資家であったことも痛みにはならなかった、優先株とワラント買戻しで崩れた銀行のバランス・シートを安定化する助けとなった。政府はそれ以来銀行のシェアをかなりの儲けで売却している。

続く。。。

広告