新しいGoldmanのPR大惨事:重役たちはサブプライムの内破を祝っていた。

投稿者: whitegru3

WSJから:

あらたな証拠は2007年のサブプライムモーゲージ証券の崩壊から収穫した収益にGoldman Sachs Group Incの上級の重役たちが祝っていたことを示す乗員での調査で現れる。

土曜日の声明で、上院議員Carl Levin,Goldmanの証言を聞く小委員会の議長はGoldman Sachsのような投資銀行は『危機の引き金を引くことを助けたリスクと複雑な金融商品の自己本位のプロモーターであった』と言った。

E-メールの取り交わしの一つに、Blankfeinはそっけなく、その会社のストラテジーを大まかに認識していたようである。『もちろんわれわれはモーゲージの混乱を巧妙に避けてはいなかった。』とBlankfeinは2007年11月18日のE-メールで言っていた。『われわれは損をした、それで損をした以上の分を儲けたそれは空売りでである。又、それはまだ終わっていない、それがどのような展開を最終的に見せるか誰もわからない。』

E-メールには、更に、いくつかのモーゲージ関連の証券が2007年末にクレジット格付け会社により格下げされたニュースに他のGoldmanの高官たちが祝っていたことが示されている。

トップのトレーダーMichael Swensonは格下げの結果でこのように言っていた、Goldmanが投資家に借りているある特定の支払いは『ゼロに行く』だろう。

2007年7月にもう一つ、Goldmanの重役たちはモーゲージ投資部門の数字が上昇していることを話し合っていて、それはCDOと住宅モーゲージとして知られる証券のの巨額な損失にもかかわらず。

『大きなショートを持っていない人々に何が起きるかわかるだろう。』とCFOのDavid ViniarはE-メール書いていた。

広告