格付け会社データがモーゲージ取引でWall Streetを援助した。

投稿者: whitegru3

これは別に新しい話ではないが、格付け会社が彼らのモデルを取引の設定を促進するのに受け渡していた。

NY Timesから:Rating Agency Data Aided Wall Street in Deals

金融危機のなぞの一つはどうしてそんなに悪いクレジット・レイティングになってしまったモーゲージ投資がそれらが良く見せられていたのか。

一つの答えは、Wall Streetはこれらの魔法の格付けの裏の方程式のアクセスを与えられていた。

基本的に、銀行はその回答から、反対方向に作業を始め、投資にとって逆の工学一流格付けで、時には格付けが指摘するよりリスクが高かったと元格付け会社の社員は言った。

大手クレジット格付け会社、Moody’s, Standard & Poor’s , Fitch社yは議会で金曜日に再度批評をあびた、それは一つにGoldmanを法の旋風に巻き込んだ複雑な投資による危険を警告することに失敗したことである。

しかし格付け会社はすでに前に非難の的になっており、その延長でWall Streetの銀行と協力していたことはあまり気にはかけらてはいなかった。

格付け会社は公共のコンピューターモデルを使いそれはその過程がより内密でない格付けに考案されていた。それで、銀行や他の債券発光体-たとえば企業と州など-は弱い格付けで債券を販売するのが困難でもそれほど驚かなかった又は高い金利を提供することが要求された。

しかし習慣で彼らのモデルを共用しあうことにより、格付け会社は事実上銀行員たちにそのモデルが願い道理の格付けを出力するまでいじくりまわすその道具を渡したことになる。

『ここでは格付け会社に公平になるために逃れようのないジレンマがある。』とFitchの諮問委員会のメンバーDan Rosen氏は言う。『彼らはどうやって物事がなされるか説明しなければいけない、しかし人々は時々それを遊びにする。』

ほかにも論争の的になっているGoldmanの契約のAbacus 2007-AC1のようなモーゲージ投資を格付けするために使われたモデルには弱点があった。金融業界の多くがそのように、格付け会社は住宅価格は下落する可能性がないと推測した。彼らは更に、世界中からの住宅ローンに連結した複雑な投資は分散されているため安全であると推測した。

この両方の推測は誤っていた、世界中の投資家は何百億ドルもの損失をした。Abacus投資では、たとえば、基盤となる債券の84%が6ヶ月以内に格下げされた。

しかしGoldmanとその他の銀行にとって、正しい格付けへのロードマップだけでは十分ではなかった。格付け会社からのアナリストたちが採用されその契約を設計した。

2005年に、たとえば、GoldmanはFitchの格付け専門家、Shin Yukawaを採用し、後にその銀行のモーゲージ部門で働きAbacusの投資を考案した。

Yukawa氏はこの部門では飛びぬけていてた。2005年2月に、Goldmanは25のAbacus投資となる最初の部分をまとめていた、彼はGoldman社員Jonathan M. Egolによって司会を勤められたPhoenixでの会合でのパネルの一人であった。

翌月に、Yukawa氏はGoldmanに入り、そこではEgol氏がAbacusの契約を陰で糸を引いていた。そのどちらの名前もSECの訴訟では上げられていないが、それに格付け会社もAbacusがらみで誤りを追求されいない。

Goldmanで、Yukawa氏はAbacus 2007 AC1を作成する助けをしたとGoldmanの書類には残されている。AAAの格付けを取得する一番の安全策。彼は他のAbacusの契約にも手がけた。

Yukawa氏は、今はGreenwichにあるマネーマネージメント社のPartnerRe Asset Managementで働いている。

GoldmanはSECからの告発でGoldmanがAbacus投資が没落しヘッジファンドマネジャーのJohn Paulsonがそれに反対の賭けをすることができたという訴えに対して断固として戦うと言った。そしてこの記事の返答として、Goldmanは格付けの過程を不正に影響した覚えはないといっている。

S&PのスポークスマンChris Atkinsは、S&PはSECの訴訟で名前が上げられて言うことを重視し、『S&Pは長期伝統の分析の優秀と誠実さを持っている』『更に直近の危機で重要なレッスンを学び、いくつかの重要な強化を格付けの品質と管理透明感を高めるためにした。』

FitchのスポークスマンDavid WeinfurterはE-メールでこのように言っている、Fitchは一度は不透明感で批判をあびたが、それに対してそのモデルを公共にすることで答えた。格付けは最終的に委員会で決定され、モデルによってではないことを強調した。

Mooody’sからは何も返答はなかった。

危機での格付け会社の役目が金曜日に上院の永久調査小委員会から鋭い吟味を受けた。委員会のメンバーはMoody’sとS&Pからの代表たちにどのようにしてリスクの高い証券の格付けをしたか締め上げた。Washingtonで討論されている金融規制の改定は格付け会社にSECによるより高い監査を押し付けるだろう。

上院パネルの議長を務めるミシガン民主党議員Carl M. Levinは声明で:『不良モーゲージによって保証されたコンベーヤーベルトのリスクの高い証券がAAA格付けを取得しそれがそれらを印刷した紙の価値にしかならなかった。』

その尋問の一部で、パネルは581ページのE-メールのメッセージを公開したそして他の証拠が格付け会社の重役とアナリストたちがWall Streetから新しいビジネスを受け入れていた、たとえ彼らが銀行の商品のすべてを正確に分析することができないと納得していたとしても。

2006年末に証拠に、格付け会社の何人かの社員は彼らの評価に不安を感じはじめ、そのモデルには欠陥があると心配がつのってきた。彼らは特にAbacusのようなCDOを書く付けするモデルについて不安であった。

元社員によると、格付け会社はローンについての情報を銀行から取得し、それをそれらのモデルにデータ入力した。それがWall Streetへ格付けをほぐす抜け道を開ける。

たとえば、投資家にとっての一番の心配は異なったローンに抑えられているモーゲージ契約で、だれも投資が一つの地域の国のローン又は一人のモーゲージサービサーによって保証されているものにはほしくない。

しかし銀行は簡単に異なったサービサーのリストをしていた、たとえその債券が同じ機関からのものであっても、そして、そしてその結果より良い格付けが得られると元格付け会社の社員は言った。その他はCDOの一部を2つの方法で名前を書き換えそうするとコンピューターモデルでは同じものとして理解されない。

銀行は更により有利な格付けを得るために小額の商業不動産ローンを住宅ローンに混ぜることができた、このようにして全体のプールがより安全に見られた。

時々、格付け会社はそのような入力を見つけ訂正していた。すべてをチェックするのは難しい。

『もしそれに穴を掘り下げれば、もし時間があれば、銀行にとって魔法的な有利なあやまちが見つかる』と元格付け会社の重役は言った。『もし時間があれば、それは修正されていただろう、しかしわれわれは非常に圧倒されていた。』

広告