ABACUSを暴露

投稿者: whitegru3

そうですね、どんなCDOでも正確に『オーダーメード』と呼ぶことができる。。。基盤となるポートフォリオはすべて異なる。しかしその『オーダーメード』と呼ばれるものはそれが構成商品の範囲の中で使われる時はかなり異なる意味を示す。『オーダーメード』の契約はもっとより複雑であり、その表現はCSO市場でたびたび使われる。一般の『オーダーメード』契約はデフォルトのバスケットのn乗である。投資家は相関関係があるデスクに来て『100の投資適格社債CDSのバスケットの中で、9~15%の割合のエクスポジャーを受けたい』引受人/契約の取り決め者が受け入れ、そしてバスケットの残りの分のリスクをヘッジする。

これはABACUSではなかった。ABACUSは通常のCDOで一時借り入れの形式である。

人々はABNの名前がこのミックスの中に放り込まれている事実に困惑している。ほとんどの部分で、彼らの関与はCDO自身には無関係である。ACAのビジネス・ラインのひとつは債券発行であった。この特定なCDOで、スーパー・シニア・トランチに資金調達する代わりに(言い換えると、手形を作成し、その売却代金をエスクロウに入れる。LIBORの利回り稼ぐ、もし基盤となるポートフォリオの損失がそのCDS保険の購入者に支払いが要求された場合のためにそこに置いておく。)ACAは基本的にGoldmanにその保険を書いた。それはただ単にその契約が書かれたそれだけで、売却されず/資金調達されない。

GoldmanはACAのクレジット・リスクを取ることを拒否しそのためにABNと背あわせのスワップをした。そこでABNはその契約を支払うことができないACAのクレジット・リスクを数BPSで受け入れることを承諾したそしてGoldmanに対してカウンターパーティーとなった。これがどういうことかというと基本的にABNをスーパーシニアトランチの所有者とし、ACAによって書かれたモノライン保険契約のおかげで。

ABACUSのような契約の資金投入されたトランチ-IKBに売却された債券、他のCDOに売られた債券、そしてGoldmanが抱えている債券-標準のCDS契約で前払いマージンのような役目をする。

私はヘッジファンドで現在$100-00で取引されているBaa3格付けのサブプライム債券の保険を書く。その価格は市場の現在の予測がその債券が損失を出さないことを示唆する。しかし、私はBaa3格付けの保険を書いているヘッジファンドだから私のカウンターパーティーは前払いマージン/担保を入れる必要がある。同じことが合成CDOの資金を投入したたが手形にも適用する。その資金投入された手形の売り上げからの売却代金はエスクロウに入れられる。(反対側で、エスクロウ口座として証されているものも崩壊した。。。AIG/FSAはこのようなビジネスを行っていたそしてその金をサブプライムに投資した。)そして基盤となるポートフォリオの可能性ある損失に対しての担保に使った。

どちらにしても、ABACUSは“plain vanilla”(プレーンバニラ)の合成CDOで、Goldmanが長期のエクスポジャーに行き詰まったのは引き受けに失敗したからである。もしできれば彼らはその債券を担保に置いただろう、しかし誰もオファーしていた値段では買わなかった。

広告