エコノミストのコメント:

投稿者: whitegru3

国内金市場は強い経済情報の放出と強い決算報告のニュースにもかかわらず確定的なトレーディング・レンジの中を進展している。S&Pは上限1225の水準でとまり下は1180で底打ちをしているように見られる。このレンジは若干1ヶ月を上回る期間で推移しているそして決算シーズンも終わりに近づき調整になるか、雇用統計が今年の第4弾の上昇につながるか。Treasuryの利回りも今年の初めからのレンジ3.75%~4%の間でとどまっている。クレジットスプレッドも3月初期からほとんど変わらずのレベルで推移していて、投資家は投資適格市場での実質のリスクプリミアムがないことにためらっている。多くのマーケット観測者たちはこのトレーディングのレンジを、Fedが量的緩和を始めた昨年の3月に始まった反発によってサイドラインで見送っていたキャッシュが大半除外されたとみている。しかし投資信託のデータを見てみるとまだかんり多くのキャッシュがサイドラインで座っている、その一部の理由としてマネーマネジャーは買われすぎと見ている相場に資金をつぎ込むことにためらっている。これで投資家はMBSの比重を軽くし、社債に比重を重くしている。株式投資家たちはリーテル、レストラン株を空売りしようとしているが、株価は継続して上昇。それで、われわれは守りに姿勢を投資家に勧めている。さらに、次の市場での大きな動きは資金が社債から株と高利回りへの移動であろう。そしてベンチマークからそれほど離れていないこの取引は執行するのにかなり難しい。もし私の2番底のシナリオが実現化してくるようなことがあれば、社債と早期周期株に傾いているポートフォリオはインデックスマネジャーにとって問題になってくる、特にTreasuryが反発するにあたってMBSが反発する。経済の見通しは確かでない、ISMのすうじと建築支出のデータと相違が出てきている、それにFed のローン・オフィサー声明のミックスな数字。

広告