ユーロ

投稿者: whitegru3

ECBはリスボン、ポルトガルで会合し、金利政策の決断を4:45(EST)に出す。ニュースカンファレンスは5:30(EST)ここで見れる。

リスボンでの会合は都合の良いタイミング、Moody’sがポルトガルをダウングレードするかもしれないと言ってきている。

格付け会社Moody’sは水曜日にポルトガルの国債格付けを格下げする可能性があると再検討においている、直近のその国の財政とその経済成長に長期経済成長の危険があると指摘。

もし格下げをすることになると、その国のAa2格付けは1段階または最高で2段階下がるとMoody’sは言う。Moody’sはその際検討は3ヶ月以内に決断が出されると予測されると言う。

3ヶ月?

この会合でECBは政策変更なしで1%が据え置きが予測されている。

Krugman教授はギリシャは最終的にユーロを脱退するかもしれないと主張する。Greek End Game

多くの解説者はギリシャは債務を再編するようになるだろうと信じている。-一部拒否の婉曲表現。私は同意する。しかしその推論はそこでおしまい、それは間違いである。その結果、ギリシャが最終的にデフォルトするというコンセンサスは楽観的過ぎる。わたしはますますギリシャがユーロを脱退すると確信してきている。

広告