『ファット・フィンガー・トレード』で相場が崩れた?

投稿者: whitegru3

やがてわかるだろうが、現在その調査が進行中である。なぜ米国株式市場がおよそ20分で完全な急降下に突入してしまい、ダウは998ポイント下落。Bloombergから:

NYSE EuronextのCEO, Larry Leibowitzはこの様に言った、電子ネットワークに送り込まれた取引が下落に勢いをつけた。それでもダウ工業株30種平均の998.5ポイント下落の最初の半分は多分普通の取引であったろう、相場の下げは、オーダーが発注場に入りそれらに対応する流動性の不足で雪だるま式に大きくなって行った。

彼が行っているのは、買い手に対してもっと多くの売り手がいたといっている、それはもうすでにわかっていたことである。Citigroupで『ファット・フィンガー』トレードが発生しそれが原因となったという考えはCitiによって否定された。その下降気流は巨額の売りオーダーのように見られたが、もっと信頼できる説明は、円の急騰又はユーロが重要なサポート1.225にタッチしそれがアルゴリズムトレードの引き金を引いたということではないだろうか。そしてそれらのかなりのものが同じような指標とテクニカル水準を見ていて、適当な引き金を引いた時におろかなコンピュータートレーディング始動の売りプログラム取引のどうしようもないことであるとみることは困難ではない。

しかしもう一つの今日の株式市場乱高下の副作用はさらなる相場への不信感で、特に小売の投資家たち。いくつの異なったリーテールトレーディングプラットフォームはこの急降下と急反発中にただ単に活動していなかったと聞く。一般のBloombergニュース又はデータ・ページにその時アクセスできなかったとも聞く。プロがトレードができたという考え(それらの取引の多くがキャンセルされたが)小口の投資家は締め出され、相場は危険で大手トレーダーの勝ちの確率が高いという認識を強める。(これがあからさまでないと思われていてもだれもがそれは知っている)

しかしもっと大きな問題は、株の胃が痛くなるような下落にもかかわらず、ほとんどすべてのマーケットを通じてのその大荒れ状態である。クレジット市場は株式市場が崖から転がり落ちる前に混乱状態だった。日本は2008年以来の最大のオペレーションでオーバーナイトで相場に緊急で$21Blnの流動性を注入した。

Reserve Bank of Australia(オーストラリア準備銀行)は急激な経済収縮の可能性があることを警告を出した。。。そしてそれらは正しい。これは典型的なケインズ経済学流動性選好である。ケインズは、成功した思索家で、金融市場と実質経済での活動との重要な関連を認識した。投資家がそろって市場から離れてキャッシュの保有または流動性の高い商品を好む時、キャピタル・リスクの損失と貸付の制限は生産的経済にとって打撃となる。それに応じて、G-7はカンフェレンスコールを設定した、多分これが少なくとも協調声明に導くだろう、多分いくつかの具体的な行動に、市場をおさめるために。

しかし彼らがどれくらいできるだろうか?たとえ欧州圏が今市場を感染をとめることができる信頼できる計画で納得させることができたとしても、それはデフレの道のりに乗り出す。これが多くの面で米国に影響をするだろう:欧州でビジネスをする企業(思っているより多いい)、弱いユーロのおかげで米国の競争力の下落。中国がドルが強いことで元の評価を下げてくるかもしれない。

本当の疑問はECBが何をするかだ、そしてトリシェ総裁の木曜日に何か行動をとるという誓約の拒否が通貨の下落を増し米国の株式市場急落の引き金を引いた。

広告