ユーロを救済しろと命令された英国納税者たち

投稿者: whitegru3

Telegraphから:British taxpayers ordered to bail out euro

EU27のすべての財務相たちは日曜日にブルッセルで“European stabilisation mechanism”『欧州金融安定化メカニズム』に著名するために招集した。英国は、これが”qualified majority voting”(特定多数決)システムの下に置かれているため拒否権を行使することができない。

ユーロを効果的に強化するため、サルコジフランス大統領とメルケルドイツ首相が密室で考案した後に昨晩にまとめられこの契約は、非難された。英国にはっきりとした政府が存在しない時に推し進める試みであった。

『月曜日に市場が再開する時にはユーロを保護するメカニズムが配置されていることだろう。』とサルコジ大統領は昨日言っていた。『これは本格的な動員である。 』

欧州圏リーダーたちは英国のようなリスボン条項を行使しようとする国からの反対を押し曲げる試みをしている。リスボン条約は天然災害に共同対応するための意向のものである。これは満場一致の合意はいらない。

それをすることで、サルコジ大統領は新しい英国首相とすばやくも対立が確実となる。それとユーロ通貨外の国の他の首脳陣たちとも。すべて27EU財務相は出席しなければいけない、しかしその決断は特定多数が取られる、16のユーロ圏首脳陣がこの通過を確証できる。

この計画で救済によって英国が負担する額は全体ローンの10%近辺に値する。もし払い戻しに失敗すると、英国のコストはデフォルトしたユーロ100Blnごとにユーロ10Blnとなる。

この計画は後任の保守党の政府にとって即ジレンマとなる。緊急援助はCameron氏が支出を抑制しようと試みる時に英国の負担と借金が増る。

金を貸しことに拒否することは保守党の首相を危機に追い込み、連立又は少数派政府を監督する上で、EUとの対立で障害を与える。

英国の官僚たちはEUが欧州緊急援助の計画のために合法的根拠として全面的にリスボン条約の条項を使用することに不安である。

この条項の下では、天然災害又は不可抗力の例外的な事件を受けたEUメンバーの国は欧州首脳陣たちの特定多数決で金融援助を受けることができるある。

この計画を援助する人たちは例外的な事件は市場でのユーロの攻撃を含むと議論する。

『ユーロ16諸国はすでに承諾した-これは多数決である。』『英国、ポーランド、スウェーデン、その他の新しいEUメンバーはこれをとめることができない。』と外交官は言う。

Open Europeの所長Mats Perssonはユーロ圏金融安定化は英国も賛成だが緊急援助はそうではない。

『子の最新の動きが英国納税者たちに、彼らが民主的管理がない政府の負債の債務を受け入れることになる。-それは何十億£ともなる大金』

『英国政府、どのような説得でも、この規模の中央集権化したEUの借り入れの一躍を引き受けるかよく考えたほうが良い、少なからずEU条項の下ではこのようなファシリィティーは常に非合法的と考えられ、完全に民主的でない。』

広告