ECBのTrichet:世界大戦以来『最大の困難状態』

投稿者: whitegru3

Der SpiegeのECB議長Jean-Claude Trichetのインタビューから:A \’Quantum Leap\’ in Governance of the Euro Zone Is Needed

Trichet:2008年9月からわれわれは第2次世界大戦以来の困難な状況に面していることは明らかである-多分第一次世界大戦以来かもしれない。われわれは本当に劇的な時期を経験した。そして経験している。

EU諸国の国債を購入について:

Trichet:われわれの政策は明白にEU条約に許可されたものである。われわれは量的緩和は開始しない。われわれはいくつかの市場がより通常に機能することを助けている。そして私が言ったように、われわれはすべての追加の流動性を取り戻しわれわれの証券市場プログラムに供給する。

ユーロを脱退する国について:

Spiegel:ギリシャのような国がユーロ圏を去ることとができたらいいんじゃないでしょうか?

Trichet:いいえ、それは考慮しない。もし国がユーロ圏に参加すると他のメンバーと同じ運命を分かち合う。ユーロ地区を治める飛躍的進歩が必要になる。悪い行動を防ぐために重要な改善が必要、『同僚たち』によって推奨された効果的な履行を確保するためにそして違反の場合に本質で効果的な制裁を実施すること。

広告