Geithnerが欧州について:戻ってきた”Subprime is Contained”(サブプライムは抑制されている)

投稿者: whitegru3

金融危機での重要な人物たちのほとんどが自分たちを都合の悪い立場に押しやってしまう場面がある、それでも1929年の大暴落の2週間以内にIrving Fisherが『株価は永久に高い安全地帯に達したようだ』といったことは誰もが忘れられない。

Bernankeは2007年3月の議会証言であった。その中で彼はサブプライムは抑制されていると議論し、彼は更にその損害は$50~$100Blnになるであろうと推定していた。民間のアナリストたちの損失のフォーキャストはその時点で$150Bln以上だった。同じようにHank PaulsonはGSEの救済の権限で尋問を受けた時に、もしそれがかなりのものであればそれはより強力であると強く主張し:『もしあなたが水鉄砲をポケットの中に隠していたらそれを取り出さなければいけないかもしれない。。。もしそれがバズーカ砲であれば、みんなそれがバズーカ砲であるとわかっていて、それを取り出さなくてもいいかもしれない。』何度も何度も見てきているように、市場は意地悪い方法で張ったりをかける。Paulsonがこのコメントをした2ヶ月以内にFannieとFreddieは保護管理下に置かれた。

Geithnerの時が訪れた。Bloomberg TVインタビュー

財務長官はソブリン債関連の挑戦をを乗り越えることができるという見方を保持した、そして米国経済は損害を受けないだろう:

『欧州はこれを通り抜ける許容力を持っている。』とBloombergのTV(Political Capital With Al Hunt)インタビューに答えた。今週中に放送される『そして私はそう思う。』

Geithner48歳、彼は欧州の混乱は米国成長には損害を与えないなぜなら『われわれの経済はますます強くなっている。力強さ、改善、信頼感が見られる。』

Geithnerは用心深く、彼を後で追いまわすような歯切れのいい言葉を含んでいない、しかしそのメッセージははっきり明白:ユーロ事件は厳密に地域的なもの、米国へ何も深刻な輸入にはならない。

さてこの虚勢を張っているのがどれだけ信頼できるか。EU貿易委員会から:

EUと米国経済は世界全体経済のおよそ半分を占める。2つの経済は高度に独立している。企業内でのすべてのEU-US貿易で成り立つ取引の1/4が大西洋のどちら側かに位置する。

大西洋を超えて(大西洋横断)の関係はグローバル経済全体の形を定義し、EU又は米国がグローバル経済の中でほとんどすべてのほかの国との貿易、投資の最大パートナーである。2008年に総合FDI(Foreign Direct Investment)海外直接投資株はお互いどうしの保持が€2.1 兆に達した。全体『大西洋横断労働人口』は1200万~1400万人と推測される、そのうちおよそ半分が米国人でEU企業へ直接か又は間接的に仕事の恩恵を受けている。

EUと米国は世界で最大の両側性の貿易関係を持っている。

貿易商品

  • 2009年に米国へ輸出されたEUの商品:€204.4 billion
  • 2009年にEUが米国から輸出した商品:€159.8 billion

貿易(サービス

  • 2009年に米国へ輸出されたEUのサービス:€119.4 billion
  • 2009年にEUが米国から輸出したサービス:€127.0 billion

海外直接投資

  • 2008年の米国へのEU投資の流入:€121.4 billion
  • 2008年のEUへの米国投資の流入:€50.5 billion

Geithnerの楽観さは、もし欧州圏の動乱が幸運な結末を迎える方向に向かっていれば正当化されえる。

広告