Treasuryの難しい問題ではない(non-conundrum)、なぜ利回りが3.6%を下回って取引されているか

投稿者: whitegru3

Financial Timesから:The Treasury non-conundrum, or why yields are trading below 3.6%

SocGenのエコノミストAneta Markowska女史が米国の良性の債券利回りの環境に困惑の感情を表した。彼女の直近のメモには:

ソブリン債の不安がここ数ヶ月多くのエコノミストを揺らがした。基本的に、巨額の双子(財政、貿易)赤字を抱えている国は一番不安定でそれはかれらが政府赤字予算の資金調達をするために外国投資家にかなり頼らなければいけないからである。このシナリオからすると、米国は一番不安定な経済と肩を並べる。それでどうしてTreasuryの利回りが3.6%を下回っている?

そしてエコノミストがいつもするように、Markowska女史はこの現象を説明するであろう3つの理由を提供している:

  1. インフレの傾向が引き続き低い位置で止まる。コアのCPIは第一四半期に変わらずで前年比にすると1%を下回ってきている。
  2. Fedは周期的経済回復に対しての受け入れそしてより中立政策に変更するのに大変遅い取り組みである。その“extended”(延長された)の言葉は債券投資化にキャリートレードを継続する青信号である。
  3. Treasuriesと$は逃避の流れから恩恵を受けた。

もちろんこれはSocGenのメモであって、警告がある:Markowska女史はこれらの3つの要因は『大変一時的なもので債券利回りのリスクはかなり上方向にある。』

この時点では、SocGenは『Treasuryはファンダメンタルに沿って取引されている』と強く主張。

しかし実施の解けない問題がその他の場所にある、それは維持できない財政の見通しが高いリスクのプリミアムの引き金を引いていない:

これまでは投資もフォーキャスターたちも維持できない財政の道のりについてそれほど深刻な不安を見せていない。一つ説明できることは相場はそれとなく取り返しがつかなくなる前に必要な改革がされると推測している。もちろん議会に正しいことをことをすることに大きく賭けることは投資家は自分自身たちを大きな失望を待ち受けることになるが、その失望もまだ数年先になるかもしれない。

そしてその点で欧州周辺の諸国と米国で大きな違いがある-米国は単に財政問題を取り組むにあたってもっと時間があるとSocGenのエコノミストは言う:

この追加の時間は米国政策の偉大な信頼の結果の一部である、しかしそれよりももっと重要なのは米国成長動力学の機能である。後のほうが米国と欧州周辺諸国を違いをつける重要な要因である。

米国は成長を通してある度合いの財政連結を成し遂げている、欧州諸国でのつらい経済緊縮政策を通じて行うことより。周期的な力が債券利回りを押し上げるだろうが、それらは正しい理由で上っていく、そして回復の道のりをそらせないペースで。

広告