今週のスケジュール

投稿者: whitegru3

今週の初めには3つの住宅関連の指標が発表される:NAHB建築業者信頼感サーベイが月曜日、住宅着工が火曜日、MBA第一四半期滞納レポートが水曜日に予定されている。もちろん欧州は再び注目の的になるだろう。

月曜日:5月エンパイア・ステート製造業サーベイが8:30AM。コンセンサスは4月の強い数字から若干の下落が見込まれている。そいて5月NAHB住宅建築業者サーベイが1PM,コンセンサスは4月の19から20への上昇が予測されている。

火曜日:4月住宅着工が8:30AM、コンセンサスは3月の62万6千から65万への上昇が予測されている。そして8;30AMにBLSから4月の卸売り物価指数(PPI)が発表される、予想は0.1%の上昇。国勢調査局から第一四半期着工と完工レポートが発表される。

そして火曜日にクリーブランドFedのSandra Pianaltoが12:20PMにピッツバーグのEconomic Clubで演説し、元Fed議長Paul Volckerが9:45PMにスタンフォード大学で演説をする。5年前にVolckerがスタンフォードで演説をした時に『状況は私が覚えている限りでは危険で解決困難のようだ』そして『住宅保有権が財政確保の資源と同じようにレバレージと借金の道具となった。 』

水曜日:MBA第一四半期の滞納レポートが10AMに発表される。前回の(第4四半期)レポートの最大のニュースは30日滞納率が減少したことで、今回も更に減少が見込まれている。しかし長期の滞納はまだ問題が残る。

そして更に水曜日には4月消費者物価指数(CPI)が8:30AM、コンセンサスは0.1%の上昇。そしてAIAの4月建築請求インデックス(Architecture Billings Index)でこれは商業用不動産の先行指数として見られている。2PMには4月FOMCの議事録が発表される。

木曜日:新規失業保険申請者件数、コンセンサスは先週の44万4千件から44万へ下落。そして10AMにPhilly FedサーベイとConference Boardの景気先行指数が発表される。

金曜日:BLSが4の地区別と州の雇用/失業レポートを発表する。FDICはいつものように銀行の破綻で忙しい一日となる。

その他に、今週中にMoody’s/REAL 商業用不動産価格インデックス(3月)、HAMP4月レポート、運輸省乗用車走行距離、First American Corelogicの不良販売レポート(2月)。


広告