偶然で大家になるのが増えている

投稿者: whitegru3

Chicago Tribuneから:売れなければ貸せ

Ed Amayaさんは彼のOak Parkの一階建ての平屋を2007年中旬に彼の近所で売りに出した時はそれもほんの数日で売ることができた、最高で数週間。

『何人かに見せて、契約を閉じた』とAmayaさんは覚えている。しかし住宅市場が悪化し、売りことが難しいと証明された。そうするとAmayaさんはそれを購入する姿勢ではない家族に賃貸することに承諾した

『私たちはこの形式で数年間やっている』とAmayaさんは不動産が回復することを期待している『しかしどうなったと思う?市場がもっと悪化した。』

住宅下降時期の多くの住宅保有者のように、Amayaさんは一度は売却しようとした物件を貸すことによって意図的ではないが大家となる。

多くの他の人たちのように、彼も価格を引き下げるべきであった!

多くの住民たちは今では賃貸契約で賃貸市場があふれている、見込みある賃貸を探している人より空いている家が多くあると@PropertiesのJeanine McSheaは言う。

『多くの人たちは家を貸している、しかしほとんどが儲かっていない』シカゴベースのBenson Stanley RealtyのSara Bensonは言う。

影の在庫(Shadow Inventory)の定義は、現在市場でリストされていない物件だがもうすぐりすとされるだろう。これにはREO(銀行に差し押さえられた物件)、フォークロジャーの過程に入っているもの、深刻な支払いが滞っているローンのある割合(ある部分は復帰し、あるものはすでにショート・セールスとしてリストされている)、リストされていない高層ビルのコンド(これらの物件は新築住宅在庫のレポートに含まれてこない)、そして住宅保有者で市場の改善を待っている。

最後の項目にすべての偶然に大家になってしまった人たちが含まれている。

広告