Meredith Whitneyは下半期は寂れた株式相場が予想される、小規模のビジネスのクレジット・クランチ、住宅市場の2番底、欧州銀行は米国よりもっと状況が悪い

投稿者: whitegru3

Vodpod videos no longer available.

more about “Meredith Whitney: Avoid banks at all …“, posted with vodpod
CNBCのインタビューで住宅市場の2番底、寂れた下半期の株式相場、そして欧州の銀行は米国の銀行と比べてもっと状勢が危ういと言ってい る。
Meredith:過去数年間の私の最大の不安は、システムの大変多くの規制変更が押し詰められ、ちょうどもっと流動性が市場で必要な時だっ た。たとえば、銀行はリスクに根をつける。しかし彼らはカード法によりリスクに効果的に値をつけることができないと言われた。もうすでにシステムか ら$1.5兆のクレジット・ラインが削除された。その提案された条約はリスクに根付けをするのにもっと難しくなった。私は少なくとももう$1.3兆が吸い 上げられると予測する。
CNBC:翌12ヶ月で100万~200万人の州レベルの雇用が削減されると書いたがこれはその一部ですか?
Meredith: それはわれわれの推測です。州と地方水準でどれほど資金調達が下回っているかは、ドット・コム暴落字の2.5倍である。これを解決する手立てはない。われ われはとても危険で慢性的に高い失業状況を長い間迎える。これがまさに政治家が注目すべき点であり、銀行に最終段階で厳しい規制を押しつけることではな い。
CNBC:あなたの欧州銀行状勢の感触は?欧州銀行にこの売り場に新規のお金を投資する?
Meredith:絶対にしない。欧州銀子 はまだ資金不足で、まだ米国銀行でさえよりも資産をより悪く評価されたものを保持している。何千億ドルもの再資本が欧州で行われる必要がある。
CNBC: 下半期にはどんな株式市場を予測している?
Meredith:多分寂れた相場であろう。消費者からの最先端の重要は見られない。下半期に住宅市場 は2番底を突くそして荒いすべりとなるだろう。

広告