LIBORに圧力、売却は蒸発し、利回りのプリミアムは急上昇:クレジット市場

投稿者: whitegru3

Bloombergから:Libor Shows Strains, Sales Evaporate, Yield Premiums Soar: Credit Markets

社債の売却はここ十年で最悪の月を迎えた。相対的な利回りはLehman Brothers Holdingsが崩壊した時から最高の上昇を見せた。これは欧州のソブリン債危機に対する政治家たちの応答が投資家たちの信頼を呼び起こすことに失敗したことにある。

5月に企業は$45Blnの債券を発行した、4月の$183Blnから減少し、1999年12月以来の最少額にもなるとBloombergが収集したデータに出ている。ベンチマークの政府債に対しての投資家が社債を保持する重要の余分な利回りは2008年10月以来月次最高の上昇に向かっている(Bank of America Merrill Lynch’s Global Broad Market indexから)

欧州の首脳陣たちはギリシャとスペインの上昇している負債に答えることができないという不安が投資家たちを遠のけ安全なものに逃げさせている。、その半面で米国規制法案がクレジット抑制し銀行収益に障害を与えるという恐れがある。銀行はお互いに3ヶ月間貸しあうレートは2月からおよそ2倍になった。

『これは典型的な流動性の危機である。 』とState Street Corpの投資部門Fixed Income リサーチのWilliam Cunninghamは言う。『市場がこんなに悪い状況になってると想像するのは考えにくい、流動性が悪く、リスク耐性は蒸発し-特に欧州で-消費者の収縮、ビジネスは採用は止め投資も止めている、そして経済活動は止まっている』

スプレッド、ジャンク債

社債の利回りは国債を平均188Bps上回っている、今年の最低4月21日の142Bpsから上昇。(Bank of America Merrill Lynch’s index)最近でスプレッドがこんなに早く広がったのは2008年10月だった。そのときは108Bps急上昇し467に達した。

米国でのジャンク債の発行が特に打撃を受けている、スプレッドは今月に141Bps拡大し702となり3.78%の損失となる。レバレージローン、又は投機格付けも崩れた。S&P/LSTA米国レバレージローン100インデックスは先週の引け89.23となり4月26日には92.90㌣であった。

相場の混乱が銀行間でのお互いの貸し合いをすることをためらわせた。3ヶ月ドルLIBORは7月24日以来はじめての0,5%に乗せた。

レートは0.51%に上昇し、7月16日以来の高い水準で先週末は0.497%。欧州地区金融危機の真っ只中で銀行の担保の品質に不安がある。Citigroup Global MarketsのストラテジストNeela Gollapudiはレートは米上院での金融規制案の改正が通貨すれば翌数ヶ月間で1.5%に上昇するかもしれない、そうするとどのようにして自分たちで資金が調達することができるが銀行の不安要因となってくる。

リスク回避

『われわれはリスクの回避が強まってくるのが見えている、同時に資産階級を通じてリスク回避が広まっていく。』とCredit Agricole Corporate and Investment Bankの金利ストラテジストPeter Chatwellは言う。『これがカウンターパーティーリスクの不安を持ち上げインターバンク市場の金利を押し上げる。』

フォーワード市場のトレーダーたちは3ヶ月ドルLIBORのプリミアムを投資家がオーバーナイトFFレートに平均を予測する(LIBOR-OISスプレッド)に賭けてきている。これが翌3ヶ月に42Bps 上昇し、9月までに61BpsになるとUBS AGのデータから。そのスプレッドは1Bps拡大し28Bpsとなっている。

広告