ユーロをドルにスワップするコストが急上昇

投稿者: whitegru3

Financial Timesから:Cost of swapping euros for dollars soars

ユーロをドルにスワップするコストが2008年12月以来の高いコストに急上昇したのは欧州の公共負債が膨れ上がることと金融セクターの健全さにますます不安がつのりドルに対しての需要が圧倒していることにある。

今では投資家がユーロをドルにスワップするのに2008年末以来始めてLIBORよりプリミアムで支払わなければいけなく市場ので圧迫の兆しを見せる。

投資家は投資の逃避としてドルを要求している、その間多くの欧州銀行はドルのローン資金を調達するために米国ドルが必要である。

投資銀行Jefferiesのユーロ金利セールストレーディング部長Domenico Crapanzanoは『不安は忍び寄り市場にますます押し寄せてきていて、みんなドルのような安全なものに逃避して離れている。これがドル通貨への巨大な需要を説明できる』とICAPのエコノミストDon Smithは付け加えて:『誰もが危機が深まるにつれドル資産をほしがっている、ということはドル通貨が必要であるということで、投資家は買いあがってもほしいと思っていて、欧州銀行は又資金調達の義務をドルで持っている。』

ユーロをドルにスワップするコストは2008年9月にLehman Brothersが崩壊した後の金融危機の高度の水準にはおよばないが、今月はかんり急速に上昇した。

このコストはベーシススワップ(Basis Swap)swaps basis swaps市場と呼ばれるもので測定される、そこでは投資家がユーロをドルに1日から50年の期間で交換できる。

3ヶ月のベーシススワップ、ベンチマークレートは火曜日にはマイナス70Bpsであった。これは言い換えると、投資家がユーロをドルにスワップするのに3ヶ月ドルLIBORを支払いそしてその見返りにユーロLiborマイナス70Bpsを受け取るということである。一番直近でこれ以下になったのは2008年12月5日だつた。

3ヶ月ユーロLiborが63Bpsに設定されると、ということはその反対側では投資家は余分に7Bps支払わなければいけないという意味である。

ベーシススワップレートはユーロ圏負債危機の不安が高まり、€750Blnno救済パッケージにもかかわらず4月30日のマイナス38Bpsから下落してきた。

ユーロベーシススワップは2008年9月30日にマイナス300Bpsの最安値まで下落した、このとき事実上市場は閉鎖された。

金融システムの不安は3ヶ月ドルLiborの上昇に影響を及ぼしてきている。これは53Bpsに上昇してきて昨年の7月以来の高い水準である。

広告