初期の弱いユーロの犠牲:Hollywood

投稿者: whitegru3

われわれはもうすでにユーロが軟弱になってきてその初期の犠牲が見られてきている。もし映画業界が悪影響を受けているなら、それはそこだけではすまないであろう。

Hollywood ReporterからWeak euro could whack summer boxoffice

数年前の夏に、弱い米ドルと強い外国通貨が国際的な映画館での有利な外国為替レートのボーナスの結果を導いた、しかし欧州通貨が長期間にわたる安値で停止して、映画スタジオは今年の夏に2ケタ台のパーセントの赤字になるかもしれない。

6ヶ月もたたないうちに、米国ドルに対するユーロ通貨の価値はおよそ20%下落した、そして英国£は14ヶ月ぶりの安値となった。1ユーロは今では$1.24でこれは12月3日の$1.51から下落;1ポンドが$1.44、1月19日の$1.64から下落している。

その間、海外映画館はその地域の通貨で集計され大手映画スタジオを所有する民間で持つ企業はドルに換算する。強いその地区の外国通貨は、その企業の高い売り上げに導かれる。

欧州最大の劇場領域を含むユーロを使用する諸国-フランス、ドイツ、イタリア、スペインそして英国は海外映画館市場ではナンバーワンである。(日本はもう一つの大きな領域で、円は比較的安定化してきている)

『もしユーロの現在の価値$1.24がこの夏に継続されることになると、そして2010の夏のグロスが2009年の国際夏季$5.8Blnと等しくなり、これは大手映画館での売り上げを$210Mln削減することになる。』とSonyのMark Zuckerは言う。

ユーロを使用する諸国の大手映画スタジオ国際映画市場が占める割合は32%である。

広告