3000ページの金融改革、だが十分ではない

投稿者: whitegru3

NY Timesから:3,000 Pages of Financial Reform, but Still Not Enough

過去何十年も、議会が11年前にそれを取り下げるまで、デプレッション時代の法律と知られるGlass-Steagall法が巧みに銀行の顧客、個人投資家、金融システム全体として過去数年間私たちが見てきた完全な崩壊から保護してきた。

Glass-Steagallは34ページの書類であった。

現在上院と下院が重大な金融の並べ替えとして手がけている法案はまとめてとてつもなく大きい3000ページもある。

それでも必要以上に言葉数が多いもかかわらず、Wall Streetに継続して金融ブラック・ボックスを考案させそれが可能性として核事故となりうる欠点がある。それでその両方の最も良い点が法律になるとしも、投資家、納税者、経済は銀行危機には攻撃されやすいことは残る。

ある人たちはこれらの法案に対してこのように議論する、およそ1500ページずつで、もし彼らが複雑で不可解な金融商品の悪影響を抑制するならこれらの法案は重く複雑でなければいけない。その法案がより透明感と今日でのみんなのお気に入りの多音節好奇心であるデリバティブのより良い管理をもたらさなければ2重の失望となる。

確かに、デリバティブ市場で裕福になった銀行とWall Streetのトレーディング・ショップは現状維持を保つことには反対はない。事実、不透明感が存在するところに収益があふれるからである。しかしほとんどの残りの人たちはそれでは満足がいかない。そして危険な結果となる。

いたるところに存在することと、近代の金融できわめて重要な役割をするにもかかわらず、多くのデリバティブは株式やたの商品のように取引所で公に取引されない。金融機関がCDSよようなデリバティブを購入するとき、たとえば、債券のよな商品のデフォルトから保護するために、その取引は個人的な契約で、その間に売り手と多分銀行のような中間役である。

これらのような個人的取引は市場でのリスクの高いエクスポージャーを隠すことができるため(AIGを思い出してみよう)、金融規制改革者たちはデリバティブをもっと透明なものにする決議をした、それは良いことである。上院と下院の法案は標準化されたデリバティブが取引所で取引されるかスワップ執行ファシリティーで取引されることを要請する。

しかしその詳細には手を抜かず-だから1500ページの法案で-そしてその提案がスワップ・ファシリティーとは何を証するかという問題があがってくる、そして誰がそれを所有するか。

大手銀行はスワップが取引されるその場所を作成し所有したい、なぜならその支配は多くのメリットがある。最初にそれはディーラーにこれらの商品を購入又は売却したい顧客から取引前のかなり重要な情報を与える。2つ目にこれらのファシリティーがどのように設計されているかで、ディーラーに取引が行われる時に価格について情報を制限される、そして価格の配列がすぐに入手できなければ、顧客は金融機関と銀行と比較ができず取引所でされる以上に価格がもっと引き上げられる。

続く。。

広告