6月7日からの週プレビュー:

投稿者: whitegru3

一番重要な指標は金曜日の4月小売売り上げだろう。

月曜日:Fedは4月の消費者信用残高を2時(シカゴ時間)に発表。消費者信用残高は2008年中旬から激減してきた。特にリボルビング(クレジットカード残高)。今週中にはAssociation of American Railroads:AAR(米国鉄道協会)が5月鉄道交通レポートを発表。そして5月ロスアンジェンルス港湾交通レポートも発表予定。

火曜日:National Association of Independent Business:NAIBが5月小企業ビジネス楽観指数を発表予定。NFIBは金曜日に雇用状況前もって発表し雇用の見通しは『暗い』と説明していた。そして4月求人・転職サーベイ(JOLTS)が労働省より9時に発表される。この統計はこれまでに大変少ない転職と少ない求人数が発表されている。

水曜日:MBAがモーゲージ購買申請件数インデックスが発表される。この指標は急速に下落を見せ、税金控除の期限切れご住宅販売の急速な下落を指摘している。そして卸売り在庫とベージュブックが発表される。FedのBrenanke議長が9時に下院予算委員会で証言。(この聴聞会は経済の状況:Federal Reserveからの見方)そしてNY FedのBrian Sackfが正午にNY Association of Business Economicsで話す。

木曜日:4月貿易収支が7:30に発表される。コンセンサスは米国貿易赤字は更に拡大し$41Bln($40.4Blnから)そしてみんなが注目している新規失業者申請件数でコンセンサスは先週の45万3千から44万8千に減少。

さらに木曜日にFedが第一四半期のFlow of Fundsレポートを発表。そして5月Ceridian-UCLAからPulse of Commerce インデックス。先月にはこのインデックスが4月経済が鈍化したことを見せた最初の指標となった。

金曜日:5月小売売り上げが7時30。コンセンサスは4月から0.4%増。輸送を除くと0.2%増。そして5月ロイター/ミシガン大学消費者信頼感指数が8時55。9時に4月企業在庫。

広告