今日の一言(6月9日)金価格最高値更新

投稿者: whitegru3

金価格は火曜日の朝に$1250を超え過去最高値を更新した。しかしインフレ調整をすると1980年に達した$2300からはまだ程遠い。その開圧力は先門市場に集中してフィジカルの買いやや軟調である。前日の9時(シカゴ時間)過ぎにComexの金先物市場では一瞬にして買い手が$21の押し上げた。アセットアロケーションが入ったような動きだった。大手スイス銀行はグローバルアットアロケーションで非循環系の商品先物、防衛株、米国高利回り企業クレジットを推奨し、国債への比重を軽くすることも推奨していた。今週のJP Morgan顧客サーベイを見てもロングは変わらず、中立がへり、ショートが増えていた。

しかしこの金相場の投資の理論的解釈には適応性があるようで、Fedが量的緩和に取り組んだときには、よく引き合いに出される理由として金の投資はインフレへの恐れが紙幣を印刷することが輝く石をより魅力的にした。しかし実際のところ金は安全なものへの投資と比べリスク高い資産を取引するようなものと投資家たちはその成功している取引に資金を流入させている。その間、インフレの理論的解釈は計画道理行かず、まだほとんどインフレはない。事実はデフレの悪影響に苦しんできる。それでも相場は、投資家は金を『買い』と言う。Treasuryへ金を詰め込むの同等の安全な策としている。しかしインフレ成長の議論は予測していたより活気のない経済回復の結果基づく不安によ更新されるもので、その景気停滞が理由でFedが金利を低い過ぎる位置に長すぎる間据え置くと。。。インフレに火をつける。

広告